Logic Pro X: AAFファイル

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
AAFファイル

AAF(Advanced Authoring Format)は、「Pro Tools」など、ほかのDAWアプリケーションで使用されるファイルフォーマットです。AAFフォーマットでは、トラックおよび時間位置への参照情報、音量のオートメーション情報を維持したまま複数のオーディオトラックを読み込むことができます。

現在のプロジェクトをAAFファイルとして書き出す

  1. 「ファイル」>「書き出す」>「プロジェクトをAAFファイルとして」と選択します。

  2. 「AAFファイルを別名で保存」ダイアログで、以下のオプションを設定します:

    • サンプルレート: 「44.1 kHz」、「48 kHz」、「88.2 kHz」、「96 kHz」のいずれかを選択します。

    • ビット数: 「16ビット」または「24ビット」を選択します。

    • ファイルフォーマット: 「WAVE」または「AIFF」を選択します。

    • ディザタイプ: 「なし」を選択するか、または4つのディザアルゴリズムのいずれかを選択します(ディザアルゴリズムについてを参照)。

    図。「AAFファイルを別名で保存」ダイアログ
  3. 保存先を選択し、ファイル名を入力して「OK」をクリックします。

使用されているすべてのリージョンが、トラックおよび時間位置への参照、音量オートメーション情報を維持したまま、AAFファイルとして書き出されます。

AAFファイルを読み込む

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「ファイル」>「読み込む」>「AAF」と選択してから、表示されるダイアログでファイルを選択します。

  • 「すべてのファイル」ブラウザでAAFファイルを選択してから、「開く」をクリックします。

AAFファイルを開く

  1. 「ファイル」>「開く」と選択します。

  2. 「開く」ダイアログでAAFファイルを選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?