Logic Pro X: Final Cut Pro XMLファイル

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Final Cut Pro XMLファイル

Final Cut Pro XMLは、Final Cut Pro Xと「Logic Pro」の間でオーディオデータを読み込んだり書き出したりする際に使用されるファイルフォーマットです。

Final Cut Pro XMLファイルを「Logic Pro」に読み込む

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「ファイル」>「読み込む」>「Final Cut Pro XML」と選択し、「読み込む」ダイアログでファイルを選択します。

  • メディアブラウザでファイルを選択してから、ダブルクリックします。

サンプルレートの異なるオーディオファイルを使用したシーケンスを読み込む場合、次のいずれかの操作を選択できます:

  • 読み込まれたすべてのFinal Cut Proシーケンスのオーディオファイルに合わせてLogic Proプロジェクトのサンプルレートを変更する。

  • Logic Proプロジェクトのサンプルレートを維持する。この場合、選択したサンプルレートと異なるFinal Cut Proシーケンスのオーディオファイルはすべてサンプルレートが変換されます。

注記:Final Cut Proシーケンスを「Logic Pro」に読み込むと、音量とパンのオートメーションデータが維持されます。

Logic ProプロジェクトをFinal Cut Pro XMLファイルとして書き出す

  1. 「ファイル」>「書き出す」>「プロジェクトをFinal Cut Pro XMLに」と選択します。

  2. 「プロジェクトをFinal Cut Pro XMLに書き出す」ダイアログで、以下の操作を行います:

    • 「別名で保存」フィールドに書き出しファイルの名前を入力します。

    • プロジェクトを複合クリップとして書き出したい場合は、「Final Cut複合クリップとして書き出す」チェックボックスを選択します。

    • ムービーが存在している場合にそのムービーをXMLファイルに含めたいときは、「ビデオを含めて書き出す」チェックボックスを選択します。

  3. 「保存」をクリックします。

注記:ソフトウェア音源トラックは常にオーディオファイルにバウンスされます。MIDIトラックは無視されます。バウンスは必要に応じて自動的にリアルタイムモードに切り替わります(I/OまたはExternal Instrumentプラグインを使用している場合など)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?