Logic Pro X: メディアとファイルフォーマットの概要

メディアとファイルフォーマットの概要

「Logic Pro」では、最も一般的なMacファイルフォーマットおよびその他のいくつかのフォーマットでハードディスクにデジタル保存されているオーディオ録音(オーディオファイル)にアクセスできます。

Logic Proプロジェクトに読み込むオーディオファイルのビット数とサンプルレートは、サポートされているものであればどれでもかまいません。「Logic Pro」でサポートされているビット数は16、20、および24ビットで、サンプルレートは44.1、48、88.2、96、176.4、および192 kHzです。「Logic Pro」では、ファイルのサンプルレートを使用することも、サンプルレートをリアルタイムに変換することもできます。

オーディオファイル以外に、MIDIおよびプロジェクト情報も読み込むことができます。

以下のリストに、「Logic Pro」でサポートされるすべてのファイルフォーマットを示します:

  • WAVEファイルおよびAIFFファイル: オーディオファイルのWAV(Wave)とAIFF(Audio Interchange File Format)は非常に似通っています。これらのファイルは、さまざまなビット数(「Logic Pro」では16ビットと24ビットをサポート)で、モノラル、ステレオ、またはサラウンド形式として、最大192 kHzのサンプルレートで保存できます。「Logic Pro」はBroadcast Waveファイルもサポートしています。このファイルにはタイムスタンプ情報も格納できます。タイムスタンプ情報を提供するファイルは、プロジェクト・オーディオ・ブラウザでオーディオリージョン名の横に時計マークが表示されます。Broadcast Waveファイルのファイル拡張子は.wavで、このファイルは、標準waveファイルフォーマットをサポートしているアプリケーションで読み出すことができます。こうしたプログラムでは、追加のBroadcast Waveファイル情報は無視されます。

  • Core Audio Formatファイル: CAF(Core Audio Format)ファイルは、整数および浮動小数点PCMフォーマット、A-law、u-law、およびAAC、Apple Lossless Audio Codec(ALAC)などをサポートするコンテナです。高いサンプルレートおよびビット数でファイルサイズを無制限にすることができます。

  • Sound Designerファイル: Sound Designer IおよびII(SDII)オーディオファイルは、構造がAIFFファイルと同じで、タイムスタンプのあるリージョン情報を格納することができます。Sound Designerフォーマットのファイルを使用すると、「Logic Pro」と古い Pro Toolsセッション間でデータをより簡単にやり取りできます。

  • MP3、Apple Lossless、およびAACファイル: MP3およびAACファイルには、圧縮オーディオ情報が含まれます。これらのファイルは、一般的に、同等のWAV、AIFF、またはSDIIファイルよりも容量がかなり小さくなります。これらのファイルのサイズを小さくできるのは、さまざまなエンコーディング技術でオーディオ情報の一部を「捨てる」ことができるためです。結果的に、MP3およびAACファイルの音は、ソースのオーディオマテリアルしだいでは、WAV、AIFF、またはSDIIの同等のオーディオにおよびません。Apple Losslessファイルにも、圧縮オーディオ情報が含まれます。名前が示すように、使用される圧縮(ALAC)では、MP3ファイルと同様にオーディオ情報が廃棄されることはありません。圧縮オーディオファイルのサウンドは、元の録音状態と同じです。

  • Apple Loops: Apple Loopsには、追加の識別情報(日時、カテゴリ、ムード、キー、テンポ)が含まれます。小さな時間にスライスするいくつかのトランジェントマーカーも含まれます。オーディオループの主な利点は、Logic Proプロジェクトのテンポとキーに自動的に合わせることができる点です。ソフトウェア音源ループには、音楽フレーズ、すなわちリフのきっかけとなるMIDIノート情報が含まれます。こうしたタイプのApple Loopsがオーディオトラックに追加されると、モチーフがそのまま再生されます。ソフトウェア音源トラックに追加すれば、MIDIノート情報を通常のMIDIリージョンと同じように編集することもできます。

  • ReCycleファイル: ReCycle(REX、RCY)ファイルは、Propellerhead ReCycleソフトウェアで生成されます。いくつかのスライスが含まれる点、プロジェクトのテンポに一致する点では、Apple Loopsオーディオファイルと同様です。読み込むと、スライスごとに1つずつ、複数のリージョンを含む小さなフォルダが作成されます。これらのスライスリージョンはそれぞれ、オーディオリージョンと同様に処理できます。ReCycleファイルは、Apple Loopsファイルとは異なり、プロジェクトのキーには従いません。

  • スタンダードMIDIファイル: スタンダードMIDIファイル(SMF)は、MIDIシーケンサーが使用する標準ファイルフォーマットです。「Logic Pro」で読み出して保存することができます。SMFには、音符、歌詞、コントローラ、SysExデータが含まれます。これらは、「Logic Pro」のMIDIまたはソフトウェア音源トラックに追加されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?