Logic Pro X: ReCycleファイルをプロジェクトに追加する

ReCycleファイルをプロジェクトに追加する

「Recycle」は、Propellerhead社によって開発されたソフトウェア・アプリケーションの名称で、主にループの編集および生成を行うためのツールです。「ReCycle」固有のファイルフォーマットを「Logic Pro」で直接読み込んで使用できます。ReCycleファイルをApple Loopsに変換することもできます。

注記:「Logic Pro」でReCycleファイルを使用する場合は、Propellerhead社の「REX Shared Library ©」ソフトウェアをインストールする必要があります。ReCycleファイルについて詳しくは、Propellerhead社のWebサイトを参照してください。

「Logic Pro」では、次のReCycleファイルフォーマットを読み込むことができます:

  • 古いReCycleファイル: ファイルの拡張子は.rcyです。このファイルタイプの略称はRCSOです。

  • 古いReCycle書き出しファイル: ファイルの拡張子は.rexです。このファイルタイプの略称はREXです。

  • ReCycle 2.0ファイル: ファイルの拡張子は.rx2です。このファイルタイプの略称はREX2です。

ReCycleファイルをトラック領域に読み込む

  1. 次のいずれかを実行して、読み込むReCycleファイルを選択します:

    • 「ファイル」>「読み込む」>「オーディオファイル」と選択して、AIFF、SDII、MP3、またはWAVオーディオファイルの代わりにReCycleファイルを選択します。

    • 鉛筆ツールを使用してShiftキーを押しながらオーディオトラックをクリックし、ReCycleファイルを選択します。

    • FinderからオーディオトラックにReCycleファイルをドラッグします。

  2. 「ReCycleファイルの読み込み」ダイアログで設定を選択します。

    図。「ReCycleファイルの読み込み」ダイアログ。
    • 修正しない: ファイルをそのまま読み込みます。「Logic Pro」のテンポに一致するように、ファイルのすべてのスライスがオーバーラップします。

    • トラックを追加: 複数のオーディオトラックにスライスを分散して、位置の調整またはスライスの削除が自由にできるようにします。「オーディオトラックの数」フィールドによってスライスの分散に使用されるトラック数が決まります。ReCycleファイルが追加された元のトラック以外にこれらのトラックがあります。

    • クロスフェード: ファイルのスライスはすべて同じトラックに読み込まれ、自動的にクロスフェードされます。クロスフェードの長さは、「クロスフェードの長さ」フィールドに表示される値(ミリ秒表示)によって決まります。

    • 1つのファイルにレンダリング: この機能は、すべてのReCycleスライスを単一のオーディオファイルに書き込みます。現在のLogic Proプロジェクトのテンポがレンダリング処理に使用されます。

    • Apple Loopにレンダリング: ReCycleファイルをApple Loopsファイルとして読み込みます。

  3. 「OK」をクリックします。

ReCycleファイルをApple Loopsまたはオーディオファイルとして読み込まない場合は、フォルダトラックにReCycleファイルフォルダが作成されます。このフォルダには、適当な位置にReCycleファイルのスライス(フォルダ内の縮小リージョンとして表示できます)が含まれます。

図。トラック領域内のReCycleフォルダとプロジェクト・オーディオ・ブラウザ内のReCycleスライス。

これらのスライスはいずれも、同じオーディオファイルを参照します。このファイルはプロジェクト・オーディオ・ブラウザに表示されます。

注記:ReCycleファイルフォルダを別のオーディオトラックに移動しても、(フォルダ内のトラックの)オーディオチャンネルストリップの出力先は変更されません。ReCycleオーディオデータを聴くには、フォルダを開いて、オーディオチャンネルストリップの出力先を手動で変更する必要があります。

ReCycleファイルをApple Loopに変換する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「ReCycleファイルの読み込み」ダイアログで、「修正方法」ポップアップメニューから「Apple Loopにレンダリング」を選択します。

  • 「すべてのファイル」ブラウザで、「アクション」ポップアップメニューから「ReCycleファイルをApple Loopsに変換」を選択します。

「ReCycle」で使用するためにオーディオリージョンをクリップボードにコピーする

  1. トラック領域でオーディオリージョンを選択します。

  2. トラック領域のメニューバーから「機能」>「ReCycleループとしてコピー」と選択します。

    選択したオーディオリージョンのデータがクリップボードにコピーされます。

  3. 「Recycle」で「Paste as new Document」コマンドを使用して、新規のReCycle書類(トラック領域で選択したオーディオデータが含まれる)を作成します。

注記:転送されるオーディオリージョンのサイズは10 MB以下に制限されますが、ほとんどのReCycleループはそれだけあれば十分です(たとえば、70 bpm、4/4の8小節ステレオループでは約5 MBを使用します)。

「Recycle」からトラック領域にReCycleループをペーストする

  1. 「Recycle」で「Copy Loop」コマンドを使用します。

    「ReCycle」で現在編集中のループがクリップボードにコピーされます。

  2. トラック領域のメニューバーで「機能」>「ReCycleループをペースト」と選択して、このループをトラック領域にペーストします。

    この結果は、ReCycleファイル読み込みオプションの場合と同じになります。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?