Logic Pro X: Apple Loopsとは

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Apple Loopsとは

Apple Loopsは、ループブラウザにある、あらかじめ録音されたフレーズやリフです。Apple Loopsを使えば、ドラムビート、リズムパート、その他のサウンドをプロジェクトに簡単に追加できます。これらのループは、自然に繰り返すことのできる音楽パターンを含んでいるので、曲に必要な長さだけ延長して使用できます。

プロジェクトにApple Loopを追加すると、そのループのリージョンが作成されます。プロジェクトを再生すると、プロジェクトのテンポとキーに合わせてリージョンが再生されます。そのため、元の速度やキーが異なるループでも簡単に組み合わせて使うことができます。

図。緑と青のApple Loopsが表示されたループブラウザ。

Apple Loopsには3種類あります。

  • オーディオループ(青色)は、録音されたオーディオです。オーディオトラックに追加して、トラック領域とオーディオエディタでほかのオーディオリージョンと同じように編集できます。

  • ソフトウェア音源ループ(緑色)は、個々のノートを編集するなど、ほかのMIDIリージョンと同じように編集でき、ピアノ・ロール・エディタとスコアエディタに表示できます。これらのループでは、再生に使用するサウンドを変更できます。ソフトウェア音源ループは、ソフトウェア音源トラックに追加する以外に、オーディオトラックに追加してオーディオループに変換することもできます。

  • Drummerループ(黄色)には、Drummerなど演奏を生成できる音源に必要なすべての演奏情報が含まれています。Drummerエディタでアーティストとパラメータを変更すると、ループのサウンドを変更できます。Drummerループは、ソフトウェア音源トラックに追加してソフトウェア音源ループに変換する以外に、オーディオトラックに追加してオーディオループに変換することもできます。

ループブラウザを使用して、プロジェクトに適した音源、ジャンル、ムードによってループを検索したり、ループを再生したり、ループをプロジェクトに追加したりできます。また、よく使うループのコレクションを作成する、独自のループを作成する、ループブラウザをカスタマイズするといったこともできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?