Logic Pro X: リージョンをテイクフォルダにパックする

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
リージョンをテイクフォルダにパックする

複数のリージョンを選択して、すべてを1つのテイクフォルダにまとめることができます。作成されたテイクフォルダには、各リージョンが個別のテイクとして表示されます。

リージョンをテイクフォルダにパックする際には次の事項に注意してください:

  • 選択したリージョンが異なるトラックにある場合は、新しく作成されるテイクフォルダが一番上のトラックに配置されます。これにより、再生結果が変わることがあります。テイクフォルダは1つのチャンネルストリップを使用しますが、トラックは以前に別のチャンネルストリップを使用していた可能性があるためです。

  • 選択したリージョンが1つのトラック上に並んでいる場合は、新しく作成されるテイクフォルダがデフォルトで自動的に作成されるコンプになります。

  • 1つのリージョンだけがテイクフォルダにパックされる場合は、これがテイクとして選択され、コンプは作成されません。

選択したリージョンをテイクフォルダにパックする

  • 選択したリージョンをControlキーを押しながらクリックし、ショートカットメニューから「フォルダ」>「テイクフォルダをパック」と選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?