Logic Pro X: テイクフォルダのパックを解除する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
テイクフォルダのパックを解除する

すべての新規トラックにオリジナルのチャンネルストリップを使用する方法でテイクフォルダのパックを解除できます。また、新規トラックごとに別のチャンネルストリップを使用する方法でテイクフォルダのパックを解除することもできます。いずれの場合も、選択した1つまたは複数のテイクフォルダが、テイクおよびコンプごとに新しいオーディオトラックに置き換えられます。また、テイクフォルダのパックを解除して新規代替トラックを作成することもできます。これによって同じトラックにあるすべてのテイクが保存されますが、別の代替トラックとして保存されます。最初のオーディオトラックまたは代替トラックにはアクティブなコンプが反映され、後続のトラックには、テイクフォルダのポップアップメニューに表示される順にテイクと残りのコンプが反映されます。

テイクフォルダのパックを解除する

以下のいずれかの操作を行います:

  • Controlキーを押しながらテイクフォルダのヘッダ領域をクリックし、ショートカットメニューから「フォルダ」>「テイクフォルダのパックを解除して既存のトラックに」と選択します。

  • テイクフォルダの左上隅にある「テイクフォルダ」ポップアップメニューから「パックを解除」を選択します。

    図。ポップアップメニューの「パックを解除」。

    後の方のオプションは、番号領域をクリックしたテイクフォルダのみに作用し、選択中のすべてのテイクフォルダに作用するわけではありません。

これらのコマンドでは、すべての新規トラックにオリジナルのチャンネルストリップが使用されます。現在アクティブになっているコンプ以外のすべてのテイクとコンプはミュートされます。これによって再生結果が変わることはありません。これらのトラックの1つを編集すると、他のすべてのトラックに編集内容が反映されます。

図。パックを解除したテイクフォルダ。

テイクフォルダのパックを解除して新しいトラックを作成する

以下のいずれかの操作を行います:

  • Controlキーを押しながらテイクフォルダのヘッダ領域をクリックし、ショートカットメニューから「フォルダ」>「テイクフォルダのパックを解除して新規トラックに」と選択します。

  • テイクフォルダの左上隅にある「テイクフォルダ」ポップアップメニューから「パックを解除して新規トラックに」を選択します。

    図。ポップアップメニューの「パックを解除して新規トラックに」。

    後の方のオプションは、番号領域をクリックしたテイクフォルダのみに作用し、選択中のすべてのテイクフォルダに作用するわけではありません。

これらのコマンドでは、新規トラックごとに異なるチャンネルストリップが使用されますが、チャンネルストリップ設定はすべてに対してオリジナルが自動的に割り当てられます。どのテイクやコンプもミュートされません。トラックはそれぞれ個別に編集できます。

図。パックを解除したテイクフォルダ。

テイクフォルダのパックを解除して新しい代替トラックを作成する

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されているときは、代替トラックを表示して使用できます。

  • テイクフォルダの左上隅にある「テイクフォルダ」ポップアップメニューから「パックを解除して新規代替トラックに」を選択します。

    図。パックを解除して新規代替トラックに。

フォルダ内のすべてのテイクは、別個の代替として、トラックヘッダの代替テイクメニューからアクセスできます。

図。代替トラックとしてアクセスできるテイク。

注記:代替テイクにアクセスするには、トラックヘッダで代替テイクを有効にしておく必要があります。詳しくは、代替トラックを使用するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?