Logic Pro X: テイクフォルダをフラット化して結合する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
テイクフォルダをフラット化して結合する

テイクフォルダをフラット化できます。これにより、テイクフォルダは現在のコンプ選択を表す複数のリージョンに置き換えられます。現在のコンプで使われていないテイクリージョンのすべてのセクションは削除されます。

テイクフォルダをフラット化して、結果を結合することもできます。テイクフォルダが、現在のコンプ選択を表す1つのリージョンに置き換えられます。現在のコンプで使われていないテイクリージョンのすべてのセクションは削除されます。

テイクフォルダをフラット化する

  1. テイクフォルダの左上隅にある「テイクフォルダ」ポップアップメニューから、残したいコンプを選択します。

    図。ポップアップメニューからコンプを選択。
  2. 「テイクフォルダ」ポップアップメニューから「フラット化」を選択します。

テイクフォルダが、現在のコンプ選択を表す複数のリージョンに置き換えられます。

図。フラット化したテイクフォルダと、オーディオトラック上の結果のリージョン。

テイクフォルダをフラット化し、結果を結合する

  1. テイクフォルダの左上隅にある「テイクフォルダ」ポップアップメニューから、残したいコンプを選択します。

    図。ポップアップメニューからコンプを選択。
  2. 「テイクフォルダ」ポップアップメニューから「フラット化して結合」を選択します。

テイクフォルダが、現在のコンプ選択を表す複数のリージョンに置き換えられます。新しいリージョンは結合され、トラック領域に新しいオーディオファイルが作成されます。

図。テイクフォルダをフラット化し、結果のリージョンをオーディオトラック上で結合。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?