Logic Pro X: テイクフォルダとテイクリージョンを移動する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
テイクフォルダとテイクリージョンを移動する

テイクフォルダとテイクリージョンを移動することができます。同じテイクレーン内での移動と、別のテイクレーンやトラックへの移動ができます。「ドラッグ」ポップアップメニューで「オーバーラップ」と「オーバーラップなし」のどちらを選択しても、常にテイクフォルダ内のテイクリージョンは「オーバーラップなし」が選択されている場合と同様に動作します。

注記:レーン内でテイクフォルダまたはテイクリージョンを移動する」を除く以下のすべての操作を実行するには、選択したテイクフォルダのクイック・スワイプ・コンピング・モードをオフにする必要があります。「環境設定」>「一般」>「編集」の「クイックスワイプとテイクエディット・クリックゾーン」を有効にした場合は、テイクリージョンの上半分をクリックする必要があります。

レーン内でテイクフォルダまたはテイクリージョンを移動する

  • 別の位置にテイクフォルダまたはテイクリージョンをドラッグします。

テイクレーン間でテイクリージョンを移動する

  • 別のテイクレーンにテイクリージョンをドラッグします。

空のテイクレーンは自動的に削除されます。

テイクリージョンのために新しいテイクレーンを作成する

  • 現在アクティブなテイクのテイクリージョンと重なるように、テイクフォルダにテイクリージョンをドラッグします。

現在アクティブなテイクのテイクリージョンとドラッグしたテイクリージョンが重ならない場合は、アクティブなテイクのテイクレーンにテイクリージョンが追加されます。テイクフォルダの真下に新しいテイクレーンが作成され、テイクリージョンが新しいテイクとして追加されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?