Logic Pro X: テイクリージョンの開始位置と終了位置を編集する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
テイクリージョンの開始位置と終了位置を編集する

テイクリージョンの開始位置と終了位置を編集できます。これにより、良いテイクを損ねている悪い部分を削除できます。

テイクリージョンをカットした後に、2つの隣接するリージョンのいずれかのサイズを変更したいことがあります。一方のサイズを変更すると、もう一方の長さに影響することがあります。

注記:以下の操作を実行するには、選択したテイクフォルダのクイック・スワイプ・コンピング・モードをオフにするか、「環境設定」>「一般」>「編集」の「クイックスワイプとテイクエディット・クリックゾーン」を有効にしてテイクリージョンの上半分をクリックする必要があります。

テイクリージョンの開始位置/終了位置を編集する

  • ポインタをテイクリージョンの左下隅または右下隅に置き、ポインタがサイズ変更ポインタに変わったらドラッグします。

    図。テイクリージョンの右下隅をドラッグ。

別のテイクリージョンに接しているテイクリージョンの開始位置/終了位置を編集する

  • ポインタをテイクリージョンの左上隅または右上隅に合わせ、ポインタが境界ポインタに変わったらドラッグします。

    図。選択した2つの隣接するテイク間をドラッグ。

テイクリージョンを長くすると(開始位置を左、または終了位置を右にドラッグ)、隣接するテイクリージョンが自動的に短くなります。テイクリージョンを短くすると(開始位置を右、または終了位置を左にドラッグ)、隣接するテイクリージョンが自動的に長くなります。この動作により、異なるテイクリージョンのセクション間に無音部分が発生するのを防止できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?