Logic Pro X: コンプを編集する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
コンプを編集する

テイクのセクションの開始位置または終了位置を変更することで、コンプを編集できます。これを行うには、選択したコンプ領域を左右に移動するか、選択したコンプ領域をテイク間で入れ替えます。コンプの編集を行う前に、コンプを保存してください。それ以降の変更は自動的に新しいコンプに反映されます。

異なるテイクリージョンのセクションを編集する

以下のいずれかの操作を行います:

  • テイクセクションを拡張する: テイクの選択部分の開始位置または終了位置にポインタを合わせてドラッグします。

    図。テイクの選択部分の終了位置をドラッグ。

    テイクの選択部分を長くすると(開始位置を左、または終了位置を右にドラッグ)、ほかのテイク上の隣接する選択部分が短くなります。テイクの選択部分を短くすると(開始位置を右、または終了位置を左にドラッグ)、ほかのテイク上の隣接する選択部分が長くなります。これにより、テイクの選択部分の間に無音部分が発生しないことが保証されます。

  • テイクセクションを短縮する: テイクの選択部分の開始位置または終了位置にポインタを合わせ、Shiftキーを押しながらドラッグします。

    図。Shiftキーを押しながら、テイクの選択部分の終了位置をドラッグ。

    テイクの選択部分を短くしても(開始位置を右、または終了位置を左にドラッグ)、ほかのテイク上の隣接する選択部分は長くなりません。こうすると、テイクの選択部分の間に無音部分を作成できます。

注記:「環境設定」>「一般」>「編集」の「クイックスワイプとテイクエディット・クリックゾーン」を有効にした場合は、テイクリージョンの下半分にポインタが置かれていることを確認してください。

選択した領域を左右に移動する

  • テイクの選択部分の中央領域にポインタを合わせ、ポインタが2つ矢印の付いた形になったらドラッグします。

    図。テイクの選択部分の中央領域をドラッグ。

選択部分が移動すると同時に、隣接するテイクの選択部分が拡張または短縮されます。

注記:「環境設定」>「一般」>「編集」の「クイックスワイプとテイクエディット・クリックゾーン」を有効にした場合は、テイクリージョンの下半分にポインタが置かれていることを確認してください。

選択した領域をテイクレーン間で入れ替える

  • テイクの選択されていない領域をクリックすると、その領域がアクティブになってコンプに取り込まれます。

    図。テイクの選択されていない領域をクリック。

もう一方のテイクの同じ領域が自動的に選択解除されます。この方法で、2つの異なるテイクのセクションをすばやく比較できます。

注記:「環境設定」>「一般」>「編集」の「クイックスワイプとテイクエディット・クリックゾーン」を有効にした場合は、テイクリージョンの下半分にポインタが置かれていることを確認してください。

コンプからテイクの選択部分を削除する

  • Shiftキーを押しながらテイクの選択部分をクリックします。

    図。Shiftキーを押しながらテイクの選択部分をクリック。

コンプからテイク全体を削除する

  • Shiftキーを押しながらテイクのヘッダ領域をクリックします。

    図。Shiftキーを押しながらテイクのヘッダ領域をクリック。

選択部分が含まれていないテイクをクリックした場合は、ほかのテイクで選択されていないすべての領域がそのテイクで選択されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?