Logic Pro X: ソフトウェア音源を演奏する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ソフトウェア音源を演奏する

ミュージックタイピングまたはオンスクリーンキーボードを使って、選択したソフトウェア音源を演奏できます。音楽キーボードを使うこともできます。

コンピュータにTouch Barが搭載されている場合は、キーボード画面を使って、選択したソフトウェア音源トラックのソフトウェア音源を演奏できます。また、ドラムパッド画面を使って、選択した Drummerトラックのドラムキットおよびパーカッション楽器を演奏できます。

ミュージックタイピングを使ってソフトウェア音源を演奏する

  1. 「ウインドウ」>「ミュージックタイピングを表示」と選択します。

    「ミュージックタイピング」ウインドウに、ノートの演奏およびコントローラ情報の変更に使用するキーのレイアウトが表示されます。

    図。「ミュージックタイピング」ウインドウ。
  2. 演奏したいソフトウェア音源トラックを選択します。

  3. コンピュータキーボードのキーを使用して、ソフトウェア音源を演奏します。ウインドウに表示されるほかのキーを使用して、以下の操作を実行できます:

    • オクターブ単位で上下に移動するには、ZまたはXキーを押します。

    • ベロシティを上げ下げするには、CまたはVキーを押します。

    • モジュレーション(モジュレーションホイール)値を変更するには、4-8キーを押します。モジュレーションをオフにするには、3キーを押します。

    • 上下にピッチベンドするには、1または2キーを押します。キーを押している間ベンドされます。

    • サスティンをオン/オフにするには(サスティンペダルの使用と同様)、Tabキーを押します。

演奏すると、演奏中のノートが「ミュージックタイピング」ウインドウで強調表示されます。

オンスクリーンキーボードを使ってソフトウェア演奏を再生する

  1. 「ウインドウ」>「ミュージックタイピングを表示」と選択します。

    「ミュージックタイピング」ウインドウが開きます。ウインドウの左上の領域に、「ミュージックタイピング」ウインドウとオンスクリーンキーボードを切り替える2つのボタンがあります。

    図。「ミュージックタイピング」ウインドウ。
  2. ウインドウの左上領域の「キーボード」ボタンをクリックします。

    オンスクリーンキーボードが表示されます。

    図。オンスクリーンキーボード。
  3. オンスクリーンキーボードを演奏するには、キーボード上のノートをクリックします。

    プロジェクトの再生中にも停止時にもクリックできます。録音中にクリックして録音することもできます。キーの下のほうでノートをクリックすると高いベロシティで演奏され、上のほうでクリックすると低いベロシティで演奏されます。

  4. オンスクリーンキーボードの範囲を変更するには、以下のいずれかの操作を行います:

    図。オンスクリーンキーボード。
    • オーバービューの青い矩形をドラッグして、演奏したい範囲を囲みます。

    • オーバービューで青い矩形の外をクリックして、クリックした場所に矩形を移動します。

    • キーの左右にあるいずれかの小さい三角形をクリックします。左の三角形をクリックすると範囲が1オクターブ低くなり、右の三角形をクリックすると範囲が1オクターブ高くなります。

Touch Barを使ってソフトウェア音源を演奏する

  1. Touch Barの左端にある「モード」ボタンをタップしてから、「キーボード」ボタンをタップします

  2. Touch Barキーボードのキーをタップしてノートを弾きます。

  3. Touch Barキーボードのサイズを調整するには、Touch Barキーボードの左側にあるキーボード・サイズ・ボタンの1つをタップします。

  4. スケール内のノートのみに制限するには: 「スケール」ボタンをタップしてから、ルートノートとモードを選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?