Logic Pro X: 電子楽器またはマイクからサウンドを録音する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
電子楽器またはマイクからサウンドを録音する

サウンドは、マイク(音声やアコースティック楽器など)、またはコンピュータに接続されている電子楽器(エレクトリックギターなど)からオーディオトラックに録音できます。

オーディオをライブ録音する

  1. 録音先とするオーディオまたはギター/ベーストラックのヘッダを選択します。

    図。オーディオトラックのヘッダを選択。

    トラックヘッダに「録音可能」ボタンが表示されている場合は、「R」の文字が赤色になり、トラックが自動的に録音可能になっていることを示します。

  2. 録音を開始したいルーラ内の位置に再生ヘッドを移動させます。

  3. 必要に応じて、録音用にメトロノームを設定します。

  4. コントロールバーの「録音」ボタン をクリックして(またはRキーを押して)、録音を開始します。

  5. 歌や楽器の演奏を開始します。

    時間の進行に合わせて、録音データがトラック上の新しいオーディオリージョンとして表示されます。

    図。録音されたオーディオリージョンはトラック領域で赤色で表示。
  6. 録音を停止するには、コントロールバーの「停止」ボタン をクリックします(またはスペースバーを押します)。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」を選択している場合は、新しく録音したオーディオリージョンをプロジェクト・オーディオ・ブラウザに表示できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?