Logic Pro X: オーディオを録音する前に

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
オーディオを録音する前に

ボイス、アコースティック楽器、その他のサウンドを、コンピュータの内蔵マイク、あるいはコンピュータに直接またはオーディオインターフェイスで接続したマイクを使用して録音できます。サウンドはマイクからオーディオトラックに録音されます。

オーディオの録音を始める前に、以下の作業を行ってください:

  • ハードウェアの接続と設定を確認し、セッションで使用する予定のサウンドソース(マイク、ミキサーなど)がシステムのオーディオ入力に接続されて動作していることを確かめます。システムのメモリ要件やディスク容量などのハードウェア設定も確認してください。

  • 録音の前に、オーディオデータの録音ファイルのタイプを選択(AIFF、WAV、CAF)します。

  • オーディオ・レコーディング・パスを設定します。録音したオーディオをプロジェクトの外部に保存したい場合にのみ必要です。

  • プロジェクトのサンプルレートを設定します。これは、1秒間にオーディオ信号がサンプリングされる回数のことです。通常は、44.1 kHzのサンプルレートで録音することをお勧めします。

  • プロジェクトのビット数を設定します。これは、各サンプルに含まれるデジタルビットの数です。通常は、24ビットで録音することをお勧めします。これがデフォルトの設定です。

  • オーディオトラックを追加します。ボイス、アコースティック楽器、その他のサウンドをマイクから録音するために使用します。

  • メトロノームを設定します。メトロノームは、演奏と録音を正しいテンポで行えるように、または録音開始前のカウントインとして、安定したビートを刻みます。

  • ソフトウェアモニタリングを有効にします。これで、録音可能状態にしたオーディオトラックに挿入されているエフェクトから、入力されるオーディオを必要に応じてモニタできます。多くのオーディオインターフェイスにはダイレクトまたはハードウェア・モニタリング・オプションがあり、録音されるオーディオ信号はモニタ出力に送られてから「Logic Pro」に送られます。お使いのインターフェイスにダイレクトレコーディング機能がある場合はダイレクトレコーディングをお使いください。また、録音可能状態にしたチャンネルストリップにエフェクトを使っている場合はソフトウェアモニタリングのみを使います。

  • モニタリングレベルを確認します。これは、録音レベルではなく再生(モニタリング)レベルを制御します。

  • システムに接続されている音源をチューニングします。外部音源の録音を、ソフトウェア音源、サンプル、またはプロジェクト内の既存の録音に合わせてチューニングします。「Tuner」には、コントロールバーまたはSmart Controlのメニューバー(オーディオトラックの場合)の「チューナー」ボタンを使ってアクセスできます。「Tuner」プラグインについて詳しくは、「Logic Proエフェクト」マニュアルを参照してください。

複数のオーディオトラックに同時に録音するには、トラックヘッダに「録音可能」ボタンが表示されている必要があります。「録音可能」ボタンは、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみトラックヘッダに追加されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?