Logic Pro X: リージョンをオーディオファイルとして書き出す

リージョンをオーディオファイルとして書き出す

オーディオリージョンまたはMIDIリージョンをオーディオファイルとして書き出して、「Logic Pro」で再利用したり、ほかのオーディオAppで使ったりすることができます。リージョンをオーディオファイルとして書き出すときに、ファイル名要素を使用してオーディオファイル名の付けかたを指定できます。書き出したオーディオファイルにはフェードが含まれます。必要に応じて音量とパンのオートメーションを含めることもできます。

オーディオリージョンまたはMIDIリージョンをオーディオファイルとして書き出す

  1. トラック領域でリージョンを選択し、「ファイル」>「書き出す」>「リージョンをオーディオファイルとして」と選択します。

    図。「リージョンをオーディオファイルとして」ダイアログ。

    複数のリージョンが選択されている場合、このメニュー項目は「リージョンをオーディオファイルとして」として表示されます。

  2. リージョンが1つの場合は、書き出すオーディオファイルの名前を入力し、保存先をブラウズして選択します。複数のリージョンが選択されている場合は、各オーディオファイルにリージョンと同じ名前が付けられます。

  3. 「保存フォーマット」ポップアップメニューで、オーディオファイルのファイルフォーマットを選択します。

  4. 「ビット数」ポップアップメニューで、新規オーディオファイルのビット数を選択します。

  5. 必要に応じて以下のパラメータを設定します:

    • ソフトウェア音源をマルチ出力: マルチ出力ソフトウェア音源を使っているソフトウェア音源トラックのリージョンには、以下のオプションのいずれかを選択します:

      • トラックごとに1ファイル: マルチ出力ソフトウェア音源トラックごとに、マルチ出力信号をメイン出力にミックスして1つのファイルとしてバウンスします。複数のトラックが同じマルチ出力ソフトウェア音源チャンネルストリップを使用している場合は、トラックごとに1つのファイルが作成されます。

      • チャンネルストリップごとに1ファイル: 選択したトラックのマルチ出力ソフトウェア音源のマルチ出力を入力ソースとして持つAuxチャンネルストリップごとに、ファイルを作成します。

    • エフェクトプラグインをバイパス: ソーストラック上のすべてのプラグインを無効にするときに選択します。

    • オーディオテールを含める: 作成するファイルの長さを延長して音源のリリースやエフェクトのテール(リバーブ、ディレイなど)を取り込むときに選択します。

    • ボリューム/パンのオートメーションを含む: 書き出し時に音量とパンのオートメーションを実行するときに選択します。作成されるファイルに反映されます。選択しない場合は、音量とパンのオートメーションはコピーされるだけで、実行されません。

      注記:書き出したリージョンを外部Appを使って処理、ミックス、または編集する場合、通常は音量とパンのオートメーション情報を含めずにリージョンを書き出した方が便利です。

    • ノーマライズ: 以下のいずれかのオプションを選択します:

      • オフ: 書き出したファイルはノーマライズされません。

      • オーバーロード保護のみ: オーバーロード(レベルが0 dBを超えて、クリッピングが発生します)の場合にレベルを下げるノーマライズを許可します。信号レベルが低い場合はノーマライズされません。

      • オン: 書き出したファイルは、オーバーロードの場合にもレベルが低い場合にもノーマライズされます。

  6. 「作成したファイルをプロジェクトオーディオに追加」チェックボックスを選択すると、書き出したファイルがプロジェクト・オーディオ・ブラウザに追加されます。

  7. ファイル名パターンを指定するには: 1つ以上の要素をファイル名で使いたい順番に「パターン」フィールドにドラッグします。ファイル名の例が要素の下に表示されます。

  8. 「保存」をクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?