Logic Pro X: リージョンを所定の場所にバウンスする

リージョンを所定の場所にバウンスする

オーディオトラックまたはソフトウェア音源トラックから選択した1つまたは複数のリージョンを、アクティブなすべてのプラグインとオートメーションデータと共に、オーディオファイルにレンダリングできます。

1つまたは複数のリージョンを所定の場所にバウンスする

  1. オーディオトラックまたはソフトウェア音源トラックで、1つまたは複数のリージョンを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「バウンス」>「リージョンを所定の場所に」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

    • Controlキーを押したまま選択したリージョンをクリックして、ショートカットメニューから「所定の場所にバウンス」を選択します。

  3. 「リージョンを所定の場所にバウンス」ダイアログで、以下のパラメータを設定します:

    図。「リージョンを所定の場所にバウンス」ダイアログ。
    • 「名前」フィールド: フィールドにバウンスファイルの名前を入力します。デフォルトは、最初に選択したリージョンのリージョン名です。末尾に_bipという拡張子が付けられています。

    • 「指定先」ボタン: バウンスファイルの配置先トラックを指定します。以下の2つのオプションがあります。

      • 新規トラック: 選択中のトラックの下に新しいオーディオトラックが作成され、そのトラックにバウンスファイルが配置されます。

      • 選択したトラック: 選択したトラックにバウンスファイルを配置します。

    • 「ソース」ボタン: バウンス後のソースリージョンに対する処理を指定します。この場合、「キャンセル」、「置き換える」、「OK」のいずれかを選択できます。

      • 保持: バウンスファイルの処理後もソースリージョンは変更されません。

      • ミュート: バウンスファイルの処理後、ソースリージョンがミュートされます。

      • 削除: バウンスファイルの処理後、オリジナルトラックからソースリージョンを削除します。

    • 「音源の複数の出力を取り込む」チェックボックス: 選択すると、バウンス処理の際、音源の出力信号が複数あるAuxチャンネルストリップが取り込まれます。このチェックボックスを選択しない場合、選択したリージョンのあるトラックのチャンネルストリップのみがバウンスされます。

    • 「エフェクトプラグインをバイパス」チェックボックス: 選択すると、バウンス処理中にソーストラックのすべてのプラグインが無効になります。

    • 「ファイルにオーディオテールを含める」チェックボックス: 選択すると、バウンス範囲(サイクルの最後、または直前に選択したリージョンの最後まで)を過ぎても、信号がなくなるまではバウンス処理が続きます。このチェックボックスを選択しない場合、バウンス範囲のみがバウンスされます。

    • 「リージョンにオーディオテールを含める」チェックボックス: 選択すると、バウンスリージョンにバウンスファイル全体が取り込まれます。このチェックボックスを選択しない場合、バウンスリージョンにはバウンス範囲のみが取り込まれます。

    • 「ボリューム/パンのオートメーションを含む」チェックボックス: 選択すると、バウンス処理中にボリュームとパンのオートメーションが実行され、バウンスファイルに結果が反映されます。このチェックボックスを選択しない場合、ボリュームとパンのオートメーションはコピーされるだけで、実行はされません。

    • 「ノーマライズ」ポップアップメニュー: 以下の3つのノーマライズ状態のいずれかを選択します:

      • オフ: ノーマライズをオフにします。

      • オーバーロード保護のみ: オーバーロード(レベルが0 dBを超えて、クリッピングが発生します)の場合にレベルを下げるノーマライズを許可します。信号レベルが低い場合はノーマライズされません。

      • オン: ノーマライズを実行して上下の両方向にレベルを調整します。

    • 「デフォルトに戻す」ボタン: クリックすると、ダイアログのすべてのパラメータがデフォルトの値に設定されます。

  4. 「OK」をクリックすると、選択した1つまたは複数のリージョンが所定の場所にバウンスされます。

    注記:「OK」をクリックすると、上記で選択した設定は環境設定に保存され、次回に「リージョンを所定の場所にバウンス」にアクセスしたときに呼び出されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?