Logic Pro X: グルーブトラックを使ってタイミングを制御する

グルーブトラックを使ってタイミングを制御する

トラックの1つをグルーブトラックとして設定し、プロジェクト内のその他のトラックのタイミングをグルーブトラックに合わせる(同期させる)ことができます。プロジェクトを再生すると、グルーブトラックのタイミングに合わせて対象トラックのタイミングが調整されます。

グルーブトラックにすることができるトラックはプロジェクトで1つだけです。プロジェクト内のトラックから、グルーブトラックのタイミングに合わせるトラックを選択できます。グルーブトラックに合わせるよう設定したトラックには、タイムクオンタイズを適用できません。

グルーブトラックを設定する

  1. グルーブトラックとして設定するトラックのヘッダの左端にポインタを置きます。

  2. トラックヘッダの左端の細長い四角形の中に表示される星をクリックします。

    図。グルーブトラックの星が選択されている。

ヒント:グルーブトラックを使用できない場合は、Controlキーを押しながらトラックヘッダをクリックし、ショートカットメニューから「トラック・ヘッダ・コンポーネント」>「グルーブトラックを表示」と選択して表示します。

グルーブトラックにほかのトラックをマッチさせる

  • 各トラックのヘッダの左側にある「グルーブトラックにマッチ」チェックボックスを選択します。

    図。グルーブトラックにマッチさせるトラックのチェックボックス。

    トラックをグルーブトラックにマッチさせないようにするには、「グルーブトラックにマッチ」チェックボックスの選択を解除します。

グルーブトラックをオフにする

  • 現在のグルーブトラックのヘッダにある星をクリックします。

注記:プロジェクトにApple Loopsが含まれる場合、元のループはグルーブトラックに従いますが、ループの繰り返し部分はグルーブトラックに従いません。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?