Logic Pro X: Track Stackの概要

Track Stackの概要

Track Stackは、トラックの整理や操作、トラック数の多いプロジェクトの管理、オーディオサブグループの作成と管理に役立ちます。既存のトラックをまとめたTrack Stackを作成すれば、マスタートラックのコントロールを使ってTrack Stack内のすべてのサブトラックを操作できます。

Track Stackにはフォルダスタックサミングスタックの2種類があります。どちらのタイプにも、メイントラックと1つまたは複数のサブトラックがあります。メイントラックのトラックヘッダには開閉用三角ボタンがあり、これを使ってサブトラックの表示と非表示を切り替えます。スタックを閉じると、トラック領域にはメイントラックのみが表示されます。

サブトラックには、オーディオトラック、ソフトウェア音源(レイヤーおよびマルチ出力のソフトウェア音源を含みます)トラック、外部MIDI音源トラック、Auxトラックのうち任意のトラックタイプを含めることができます。フォルダスタックにサミングスタックをサブトラックとして含めることもできます。

フォルダスタック

フォルダスタックを使うと、複数のトラックを組み合わせて1単位として操作できます。個々のサブトラックのオーディオルーティングは変更されません。フォルダスタックを作成したときに、メイントラックに割り当てられているチャンネルストリップをスタックマスターと呼びます。メイントラック(スタックマスターのチャンネルストリップ)を使って、フォルダスタックのミュートおよびソロの切り替えや、音量レベルの調整ができます。これはハードウェアのミキシングコンソールのVCAマスターフェーダーの機能と似ています。

図。メイントラックとサブトラックが表示されたフォルダスタック。

フォルダスタック内の個々のサブトラックではSmart Controlを使えますが、メイントラックにはSmart Controlがありません。フォルダスタックのメイントラックにはパッチがなく、メイントラックが選択されているときはパッチを保存できません。

フォルダスタックのメイントラックにはリージョンがありません。リージョンがあるのはサブトラックだけです。フォルダスタックを閉じると、すべてのサブトラックの内容を合わせた概要がメイントラックに表示されます。

メイントラック(スタックマスターのチャンネルストリップ)の「ミュート」ボタンを使ってフォルダスタックをミュートすると、個々のサブトラックのミュートまたはソロの状態は維持され、メイントラックのミュートを解除すると再びアクティブになります。

サミングスタック

サミングスタックを使うと、複数のトラックを組み合わせてオーディオサブグループに出力をルーティングできます。サミングスタックを作成すると、サブトラックからの出力はメイントラックに割り当てられているAuxにバス経由でルーティングされます。メイントラックが選択されているときは、サミングスタックのミュートとソロの切り替え、サミングスタックの音量とセンドレベルの調整、プラグインの追加と編集ができます。これらの操作はサミングスタックのすべてのサブトラックのサウンドに反映されます。これはオーディオグループの機能と似ています。

図。メイントラックとサブトラックが表示されたサミングスタック。

サミングスタックにサブトラックとしてソフトウェア音源トラックが含まれている場合は、メイントラックでMIDIリージョンの録音と再生ができます。サミングスタックのすべてのソフトウェア音源サブトラックによってメイントラックのMIDIイベントが再生されます。また、個々の(ソフトウェア音源)サブトラックでもMIDIリージョンの録音と再生ができます。サミングスタックを閉じると、すべてのサブトラックの内容を合わせた概要がメイントラックに表示されます。

サミングスタックのメイントラックが選択されているときは、サミングスタックに別のパッチを選択したり、独自のパッチを作成したりできます。サミングスタックのパッチにはメイントラックとすべてのサブトラックを含めることができます。これらのトラックのチャンネルストリップ設定とプラグイン設定も含まれます。「Logic Pro」には、サミングスタックで使うために設計されたパッチのセットが付属しています。

サミングスタックでは、サブトラックだけでなく、メイントラックでもSmart Controlを使えます。メイントラックにあるSmart Controlのスクリーンコントロールは、メイントラックだけでなく、任意のサブトラックのチャンネルストリップまたはプラグインパラメータにマップできます。

「Logic Pro」に含まれているサミングスタックのパッチについては、メイントラックにのみSmart Controlのレイアウトが表示されます。このレイアウトは、サブトラックが選択されている間も引き続き「Smart Control」パネルに表示されます。ただし、作成したサミングスタックのパッチでは、サブトラックのSmart Controlの各レイアウトが維持されます。

サミングスタックを使うと、MOSI(マルチ出力のソフトウェア音源)とその個々の出力を1単位として扱うことができて便利です。サミングスタックは、プログラミングしたドラムキットなどに利用できます。MOSI用のサミングスタックを作成できます。これは、1つ目のサブトラックのMOSIチャンネルストリップと、このMOSIスタックの出力用Auxチャンネルストリップを伴うその他のサブトラックで構成されます。メイントラックでMIDIリージョンを録音および編集すると、MOSIが含まれるサブトラックにMIDIイベントが送られて再生されます。

サミングスタックを作成すると、異なる送り先に個々のサブトラックをルーティングできます。サブトラックの「センド」ポップアップメニューの「バス」サブメニューで、ローカルバスがスタックサブメニューに振り分けられます。スタックの「外」にサブトラックをルーティングすると、これらのサブトラックはメイントラックのコントロールで操作できなくなるので注意してください。作成したオーディオサブグループはサミングスタックの一部として保存され、各Auxはサミングスタックの最後(一番下)のサブトラックとして表示されます。

Track Stackにソフトウェア音源サブトラックが1つだけ含まれている場合、メイントラックを選択すると、ソフトウェア音源サブトラックは左側のインスペクタ・チャンネル・ストリップに表示され、このサブトラックの送り先(通常はメイントラックのAux)は右側のインスペクタ・チャンネル・ストリップに表示されます。同様に、Track Stackにオーディオサブトラックが1つだけ含まれている場合(なおかつソフトウェア音源サブトラックが含まれていない場合)、メイントラックを選択すると、オーディオサブトラックは左側のインスペクタ・チャンネル・ストリップに表示され、このサブトラックの送り先(通常はメイントラックのAux)は右側のインスペクタ・チャンネル・ストリップに表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?