Logic Pro X: 現在のパッチにパッチ設定を結合させる

現在のパッチにパッチ設定を結合させる

現在のパッチに別のパッチの設定を結合させることができます。これにはさまざまな使いかたがあります。たとえば、既存の音源を維持したままエフェクトをパッチと結合させたり、これとは逆に、既存のエフェクト設定を維持したまま各種の音源を試したりできます。

パッチの結合領域には、MIDIエフェクト、音源、オーディオエフェクト、センドの4種類のパッチ設定ボタンがあります。デフォルトでは4種類すべてが選択されています。この状態でパッチを選択すると、現在のパッチが置き換わります。一部の項目の選択を解除すると、現在のパッチに結合させるパッチ設定を選択できます。「ライブラリ」で新しいパッチを選択すると、選択したボタンに対応する設定のみが変更され、その他の設定は変更されません。

「センド」ボタンの選択を解除すると、パッチ内のチャンネルストリップが既存のプロジェクトのAux(または既存のトラック/チャンネルストリップによって作成されたAux)にアクセスできるようになります。

パッチ結合領域を開く

  • 「ライブラリ」の一番下にあるアクション・ポップアップ・メニューで、「パッチの結合を有効にする」を選択します。

結合させない設定を選択する

  • 1つまたは複数のボタンをクリックし、対応する種類のパッチ設定の選択を解除します。

別のパッチを選択すると、選択されている種類のパッチ設定は結合されますが、選択が解除されている種類のパッチ設定は変更されません。

パッチ結合領域を閉じる

  • パッチ結合領域の左上隅の閉じるボックスをクリックします。

パッチ結合領域が閉じているときは、現在のパッチ(選択中のすべてのボタンに相当します)が「ライブラリ」で選択したパッチに置き換わります。

サミングスタックのメイントラックが選択されているときはパッチの結合ができません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?