Logic Pro X: トラックヘッダの概要

トラックヘッダの概要

各トラックに含まれるトラックヘッダには、トラック名とアイコンが表示され、いくつかのトラックコントロールがあります。デフォルトでは、「ミュート」ボタン、「ソロ」ボタン、「録音可能」ボタンがすべてのトラックについて表示され、オーディオトラックでは「入力モニタリング」ボタンも表示されます。

図。コントロールが表示されているトラックヘッダ。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」を選択すると、オン/オフボタン、「隠す」ボタン、「トラック番号」および「カラーバー」オプションなどのトラック・ヘッダ・コントロールも使えるようになります。

ワークフローが最適化されるよう各種のトラック・ヘッダ・コントロールの表示と非表示を切り替えて、トラックヘッダをカスタマイズすることができます。トラックヘッダのサイズを変更して、トラック領域での作業スペースを広げることもできます。

ショートカットメニューを使ってトラックヘッダを設定する

  1. Controlキーを押したままトラックのヘッダをクリックします。

  2. ショートカットメニューから「トラック・ヘッダ・コンポーネント」を選択し、サブメニューから項目を選択または選択解除します。選択した項目はチェックマークで示されます。

「トラックヘッダ設定」ポップオーバーを使ってトラックヘッダを設定する

  1. 以下のいずれかの操作を行って、「トラックヘッダ設定」ポップオーバーを開きます:

    • 「トラック」>「トラックヘッダを設定」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

    • Controlキーを押しながらトラックヘッダをクリックして、ショートカットメニューから「トラックヘッダを設定」を選択します。

  2. 「トラックヘッダ設定」ポップオーバーでトラックヘッダの要素を変更します。

    • 「ボタン」セクション: トラックヘッダに表示したいボタンのチェックボックスを選択します。

    • 「コントロール」セクション: チェックボックスを選択して、音量およびパンコントロールを表示します。このポップアップメニューでは、パンノブでパンおよびバランス設定を操作するか、使用可能ないずれかのセンドのレベルを操作するかを選択します。

    • 「追加の名前列」ポップアップメニュー: 追加の名前列にどの項目が表示されるか(ある場合)を選択します。

    • 「その他の表示オプション」セクション: トラックヘッダに表示したいボタンのチェックボックスを選択します。

      • 「コントロール・サーフェス・バー」チェックボックス:選択するとコントロール・サーフェス・バーが表示され、システムに接続しているコントロールサーフェスからアクセスされるトラックがどれであるかを確認できます。デバイスインスペクタで、各コントロールサーフェスに異なるカラーを割り当てることができます。詳しくは、「Logic Proコントロールサーフェスサポート」マニュアルを参照してください。

      • 「トラック番号」チェックボックス: 選択すると、トラックヘッダの左側にトラック番号が表示されます。 トラックには昇順で自動的に番号が付けられます。

        再生中、各トラック番号は、出力レベル(オーディオトラックの場合)またはベロシティ値(ソフトウェア音源トラックの場合)を表示する小さいレベルメーターに代わります。

      • 「カラーバー」チェックボックス: 選択すると、各トラックヘッダの左端にカラーバーが表示されます。

      • 「グルーブトラック」チェックボックス: 選択すると、各トラックヘッダの左端にグルーブインジケータが表示されます。

      • 「トラックアイコン」チェックボックス: 選択すると、トラックヘッダにトラックアイコンが表示されます。

      • 「代替トラック」チェックボックス: 選択すると、トラックヘッダに「代替トラック」メニューが表示されます。

  3. ポップオーバーを閉じるには、境界の外側をクリックします。

すべてのトラックヘッダのサイズを横方向に変更する

  1. トラックヘッダのトラックの左端との境界線の上にポインタを置きます。

    ポインタがサイズ変更ポインタに変わります。

  2. 左右に線をドラッグすると、トラックヘッダのサイズが変わります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?