Logic Pro X: トラック領域でドラムサウンドを置き換える/ダブリングする

トラック領域でドラムサウンドを置き換える/ダブリングする

ドラムの置き換え機能を使うと、トラック全体を録音し直すことなく、オーディオトラックの個々のドラムサウンドを置き換えることができます。ドラムサウンドを置き換えたりダブリングしたりするには、1つのドラム(またはその他のパーカッション楽器)の録音データがあるオーディオトラックを使って、一致するMIDIトリガノートのあるソフトウェア音源トラックを作成します。ソフトウェア音源トラックでEXS24 mkIIを使ってドラムのサンプルが再生されます。

録音済みドラム信号を置き換える/ダブリングする

  1. ドラムの録音データのあるオーディオトラックを選択します。

    図。オーディオトラックが選択されているトラック領域。
  2. 「トラック」>「ドラムトラックを置き換え/ダブリング」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

    トラック領域で以下のことが行われます:

    • 選択したオーディオトラックのすべてのファイルでトランジェントが分析されます(以前に分析されたことがない場合)。選択したトラックが縦方向に拡大表示されます。

    • オーディオトラックの下にソフトウェア音源トラックが作成され、音源スロットにEXS24が挿入されます。

    • EXS24が選択された状態でライブラリが開き、プロジェクトに最適なサウンドを選択できます。

    • ソフトウェア音源トラックに、検出されたトランジェントに基づくトリガノートのあるMIDIリージョンが作成されます。

    • 「ドラムの置き換え/ダブリング」ダイアログが表示されます。

    図。オーディオトラックのあるトラック領域の拡大表示。ドラムサウンドが表示された「ライブラリ」が開き、「ドラムの置き換え/ダブリング」ダイアログが開いている。
  3. 「ドラムの置き換え/ダブリング」ダイアログで、以下のパラメータを設定します:

    図。「ドラムの置き換え/ダブリング」ダイアログ。
    • 「音源」ポップアップメニュー: キック、スネア、タムなどから、置き換えまたはダブリングを行うドラムサウンドを選択します。

    • 各モードボタン: 以下のいずれかのモードを選択します:

      • 置き換え: オリジナルのサウンドが新しいサウンドに置き換えられ、オリジナルのトラックのすべてのリージョンがミュートされます。

      • ダブリング: オリジナルのサウンドに新しいサウンドが追加されます(オリジナルのサウンドがミュートされません)。

    • 「相対しきい値」スライダ: トランジェントのしきい値を設定します。この値を上回るトランジェントにはトリガノートが生成されます。

    • 「プレビュー」ボタン: クリックすると、現在の再生ヘッドの位置からオリジナルの(オーディオ)トラックと置き換え用の(ソフトウェア音源)トラックの両方が再生されます。2つのトラックはソロになっており、プロジェクト内のほかのトラックは無音になります。

      プロジェクトの中で、ドラムの置き換えに注意を必要とする部分に再生ヘッドを設定したり、こうした部分でサイクル範囲を有効にしたりしてプレビューすることをお勧めします。「プレビュー」ボタンをもう一度クリックすると再生が停止し、以前の再生位置に再生ヘッドが戻ります。さらに、2つのトラックのソロが解除されます。

    • 「トリガノート」ポップアップメニュー: ソフトウェア音源トラックで作成されるトリガノートのピッチを設定します。「自動」を選択すると(デフォルト設定です)、トリガノートは次のように設定されます:

      • キック= C1(36)

      • スネア= D1(38)

      • タム= A1(45)

      • その他= C3(60)。この設定では自動選択がないので、「自動」メニューが使用できなくなります。

      注記:トリガノートを変更しても、音源の設定は変更されません。ただし、音源の設定を変更すると、トリガノートが「自動」またはC3(60)に変更されます。

    • 「タイミングオフセット」スライダ: トリガノートの位置を手前(負の値)または後(正の値)にずらします。オフセットは通常は0.0ミリ秒(厳密にトランジェントのタイミングの位置にMIDIトリガノートが配置されます)に設定しておきますが、独自または他社製の音源を使う場合に調整が必要になることがあります。

    • 「平均アタック時間を設定」ボタン: ソース・オーディオ・トラックのすべてのリージョンの平均的なオフセットを設定します。

  4. 「OK」をクリックして操作を確定します。

    「OK」をクリックすると、オリジナルのオーディオトラックの縦方向の拡大がリセットされます。また、「置き換え」オプションを選択した場合はオリジナルのオーディオトラックのリージョンがミュートされ、トラックの選択が解除されます。ソフトウェア音源トラックにEXS24用のMIDIトリガノートが作成され、このトラックが選択されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?