Logic Pro X: 別のチャンネルストリップにトラックを割り当て直す

別のチャンネルストリップにトラックを割り当て直す

トラックを別のチャンネルストリップに割り当て直すことができます。たとえば、あるソフトウェア音源トラックの出力を別の音源チャンネルストリップに割り当て直し、同じソフトウェア音源プラグインから両方のトラックのMIDIリージョンを再生させることができます。

トラックを別のチャンネルストリップに割り当て直す

  1. Controlキーを押したままトラックのヘッダをクリックします。

  2. ショートカットメニューから「トラックを割り当て直す」を選択し、サブメニューからチャンネルストリップを選択します。

    図。割り当て先が表示された「トラックを割り当て直す」ショートカットメニュー。

チャンネルストリップを共有する複数のトラックをグローバルに割り当て直す

  • Optionキーを押しながらトラックチャンネルストリップを割り当て直し、「全トラックに再割り当て」ボタンをクリックして操作を確定します。

これで、現在のプロジェクトでオリジナルのチャンネルストリップを共有するすべてのトラック(フォルダ内のトラックも含む)は、新しいチャンネルストリップを使うようになります。

チャンネルストリップのほか、以下のいずれかにトラックを割り当てることもできます:

  • 出力なし: 「出力なし」として割り当てられているトラックはデータを送信しません。これは、「Logic Pro」から送信したくないデータ(SysExなど)を残しておく場合に便利です。

  • フォルダ: この設定は、トラックでフォルダリージョンを再生したい場合に使用します。(フォルダの概要を参照してください。)フォルダ再生に設定されているトラックでは、通常のリージョンは再生されません。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?