Logic Pro X: トラックの概要

トラックの概要

トラックを利用することで、プロジェクト内の録音などの素材のサウンドを簡単に操作したり管理したりできます。トラックのオーディオリージョンとMIDIリージョンの録音アレンジはトラック領域で行います。各トラックは、ミキサーのチャンネルストリップに割り当てられます。

トラックを作成するときには、トラックのタイプ、形式、出力を選択します。また、トラックのサウンドを制御するパッチを選択したり、Smart Controlを使ってパッチのサウンドを変更することもできます。

図。さまざまなトラックのタイプが表示されたトラック領域

Logic Proプロジェクトには以下のトラックタイプを追加できます:

  • オーディオトラック: オーディオ録音、オーディオApple Loops、および読み込んだオーディオファイルによるオーディオリージョンが含まれます。

  • ソフトウェア音源トラック: 録音したソフトウェア音源、ソフトウェア音源Apple Loops、および読み込んだMIDIファイルによるMIDIリージョンが含まれます。

  •  Drummerトラック: ソフトウェア音源トラックと同様に動作しますが、MIDI入力はありません。DrummerトラックはDrum Kit Designerプラグインをサポートしているので、プロジェクトに仮想のドラマーを加えることができます。詳しくは、Drummerの概要を参照してください。

  • 外部MIDIトラック: 外部MIDIデバイスにMIDIデータを送信するMIDIリージョンが含まれます。

  • フォルダトラック: 複数のトラックとリージョンを含んだフォルダが含まれます。ほかのトラックとは異なり、フォルダトラックはミキサーの特定のチャンネルストリップに割り当てられません。

各トラックの左側にはトラックヘッダがあります。トラックヘッダにはトラックの名前とアイコンが表示されます。トラックヘッダには、トラックをミュートまたはソロにしたり、音量レベルやパン位置を調整したりなど、さまざまな方法でトラックを制御できるコントロールも備わっています。

Track Stackを使うと、トラックが多数あるプロジェクトを整理し、関連するトラックごとにオーディオサブグループを簡単に作成できます。Track Stackには状況別に複数の種類があります。

トラックインスペクタでは、選択したトラックのトラックパラメータを編集できます。

また、グローバルトラックと呼ばれる特殊なトラックもあります。グローバルトラックはトラック領域のルーラの下とリニアエディタに表示され、テンポやトランポーズなど、プロジェクト内のすべてのトラックに影響を与えるさまざまな要素を表示および編集するために使います。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?