Final Cut Pro X: 「イベントビューア」でメディアを再生する/スキミングする

「イベントビューア」でメディアを再生する/スキミングする

必要に応じて、2 つのビューアを使用して、イベントクリップとタイムラインのクリップを同時に再生またはスキミングできます。イベントビューアは、メインのビューアの隣に表示される、独立したビデオ表示領域です。イベントビューアとビューアの両方を開いて、ブラウザから 1 つ、タイムラインから 1 つの合計 2 つのビデオを表示できます。

並んで表示されているイベントビューアとビューア

イベントビューアはブラウザのクリップの再生のみに使用します。メインのビューアと同様に、ビデオスコープ、カラーチャンネル、タイトル/アクションのセーフゾーン、およびマルチカムアングル(アングルを表示するようにイベントビューアを設定した場合)を表示できます。再生と調整のコントロールはビューアと同じです。ビューアに関連するその他の操作(オンスクリーンコントロールや内蔵エフェクトなど)は、メインのビューアで行います。

イベントビューアを開く/閉じる

  • 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「ブラウザ」と選択します(または Control + Command + 1 キーを押します)。

注記:イベントビューアでビデオスコープを使用する場合は、スコープをビデオイメージの左側(デフォルト)でなく下に表示すると便利です。スコープをビデオイメージの下に表示するには、ビデオスコープ表示の上部にある「表示」ポップアップメニューをクリックしてから「縦方向レイアウト」を選択します。詳しくは、ビデオスコープを表示するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?