Final Cut Pro X: クリップをロールによって整理する

クリップをロールによって整理する

ロールはクリップに割り当てられるメタデータのテキストラベルおよびカラーラベルであり、これによってクリップを整理できます。

クリップ(ビデオ、オーディオ、または静止画像)を「Final Cut Pro」に読み込むと、「ビデオ」、「タイトル」、「ダイアログ」、「ミュージック」、および「エフェクト」という 5 つのデフォルトロールのいずれかが各クリップのビデオコンポーネントと既存のクリップメタデータが解析され、「ビデオ」、「タイトル」、「ダイアログ」、「ミュージック」、および「エフェクト」という 5 つのデフォルトロールのいずれかが各クリップのビデオコンポーネントとオーディオコンポーネントに割り当てられます。また、カスタムロールおよびサブロールを作成してクリップに割り当てることもできます。

「Final Cut Pro」では、ロールを使ってイベントおよびプロジェクトのクリップを機能やカテゴリごとに整理したり、タイムラインの配置を制御したり、配信、放送、オーディオミキシング、またはポストプロダクションのために個別のビデオファイルとオーディオファイル(メディアステムとも呼ばれます)を書き出したりできます。各ロールには色が割り当てられているので、ブラウザまたはタイムラインのクリップのロールはひと目で見分けることができます。

ブラウザ、タイムライン、またはインスペクタで、ロールの表示と割り当ての変更ができます。たとえば、すべてのダイアログクリップを簡単に識別し、ほかのオーディオクリップから切り離して再生することができます。デフォルトロールを表示する/割り当てを変更するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?