Final Cut Pro X: ビデオおよび静止画解析のオプション

ビデオおよび静止画解析のオプション

「Final Cut Pro」では、ビデオや静止画像の解析オプションによって、ビデオのカラーバランスを自動的に調整したり、ビデオや静止画像の中の人物やショットアングルを検出したりできます。読み込み時にビデオを解析したり、読み込み後にブラウザのビデオクリップを解析したりできます。解析結果に基づき、クリップやクリップ範囲に解析キーワードが追加されます。

「Final Cut Pro」には、次のようなビデオと静止画像の解析オプションがあります:

  • バランスカラーを解析:ビデオクリップを解析して、カラーバランスとコントラストを検出します。カラーバランスは、クリップをタイムラインに追加すると自動的に調整されます。色の自動調整のオン/オフは、いつでも切り替えることができます。

  • プルダウンを削除:ビデオクリップを解析し、プルダウンパターンを削除します。

    重要:このオプションは、テープベースのカメラまたはデバイスから読み込む場合にのみ使用できます。

  • 人物を探す:ビデオクリップや静止画像の中の人物の数とショットタイプを解析します。解析後、クリップやクリップ範囲に「人物 1 人」、「人物 2 人」、「グループ」、「クローズアップのショット」、「標準的なショット」、「ワイドショット」キーワードが必要に応じて追加されます。

    ヒント:「人物を探す」解析キーワードでクリップを簡単に見つけるには、「解析後にスマートコレクションを作成」チェックボックスを選択します。

  • 人物の検索結果をまとめる:選ばれたショット・タイプ・キーワードは、最も多いショットタイプを表すキーワードです。また、選ばれた人物キーワードは、最も多い人物の数を表します。たとえば、「標準的なショット」、「ワイドショット」、「人物 1 人」、および「グループ」のキーワードを含むビデオセグメントでは、「ワイドショット」と「グループ」に解析キーワードがまとめられます。

  • 解析後にスマートコレクションを作成:ビデオクリップや静止画像での人物探索時に適用されたキーワードごとにスマートコレクションを作成します。スマートコレクションは「ライブラリ」サイドバーのイベント内にある「人物」フォルダにアルファベット順に表示されます。

メディアファイルを Finder から「Final Cut Pro」のイベントまたはタイムラインにドラッグすると、読み込みオプションのウインドウは表示されずに、自動的に読み込みが始まります。自動読み込みオプションの設定は、「Final Cut Pro」の環境設定の「読み込み」パネルで行うことができます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?