Final Cut Pro X: REDCODE RAW ビデオファイルを読み込む/調整する

REDCODE RAW ビデオファイルを読み込む/調整する

「Final Cut Pro」に REDCODE RAW (R3D) ファイルを読み込んで編集できます。

RAW 形式のビデオファイルを扱うときは、読み込み前後にいくつかの追加手順が必要になります。

R3D RAW ファイルを一度読み込んでしまえば、あとは「Final Cut Pro」内で直接、非破壊の色補正やその他の調整を実行できます。

REDCODE RAW (R3D) ファイルを読み込む

  1. 適切なプラグインをインストールします。

    「Final Cut Pro」で R3D RAW ファイルを認識できるようにするには、適切なプラグインをダウンロードしてインストールする必要があります。詳しくは、http://www.red.com を参照してください。

  2. メディアを読み込みます。

    重要:次のステップで RAW 設定を調整すると、読み込み中に完了したトランスコードタスクが破棄されるため、メディアを読み込むときは、必ず「最適化されたメディアを作成」および「プロキシメディアを作成」オプションの選択を解除してください。

    メディアの読み込みについて詳しくは、ファイルベースのカメラおよびデバイスから読み込むおよびMac またはストレージデバイスから読み込むを参照してください。メディアのトランスコードについて詳しくは、最適化されたメディアファイルとプロキシメディアファイルを管理するを参照してください。

    注記:RED ONE カメラからメディアを読み込む場合は、R3D RAW ファイルのみを読み込むことをお勧めします。通常 RED ONE カメラでは、各 R3D RAW ファイルに対して、最大 4 つの QuickTime 参照ムービー(.mov)が生成されます。読み込み処理中に R3D ファイルと参照ムービーの両方を選択すると、R3D ファイルのみが読み込まれます。参照ムービーを読み込む必要がある場合は、R3D ファイルは選択せず、参照ムービーのみを選択してください。

  3. RAW 設定を調整します(「Final Cut Pro」または「REDCINE-X PRO」などの外部アプリケーションを使用)。

    読み込み後すぐに、R3D RAW クリップに非破壊の“one-light”色補正を適用できます。この補正を行うと、完成作品により近い見た目で素材を編集およびレビューできます。

    精巧な色補正が求められるプロ向けの制作では、仕上げ段階でこれらの RAW 設定を見直すことができます。詳しくは、以下のRED RAW 設定を調整するを参照してください。

  4. 必要に応じて、R3D RAW ファイルの最適化されたメディアまたはプロキシメディアを生成します。

    詳しくは、最適化されたメディアファイルとプロキシメディアファイルを管理するの「読み込み後に最適化されたファイルおよびプロキシファイルを作成する」を参照してください。

    最適化されたメディア、プロキシメディア、または元のメディアのうちどれをビューアに表示し、ビデオの再生を品質とパフォーマンスのどちらに最適化するかを指定するには、ビューアの右上隅にある「表示」ポップアップメニューから対応するオプションを選択します。詳しくは、再生品質およびパフォーマンスを制御するを参照してください。

  5. R3D RAW クリップをプロジェクトに追加し、ほかのクリップと同じように項目を編集します。

RED RAW 設定を調整する

「RED RAW 設定」ウインドウを使って、REDCODE RAW (R3D) ファイルを調整することができます。

REDCODE RAW (R3D) ファイルに関するメタデータは、2 つの場所に保存できます:

  • 内部(埋め込み)設定:これは、カメラによって記録され、R3D RAW ファイルに埋め込まれる情報です。この情報は常にファイルに残ります。このカメラ設定は外部 RMD ファイルの設定に置き換えることができますが、上書きはされません。既存の RMD ファイルを削除するか、「RED RAW 設定」ウインドウの「元に戻す」ポップアップメニューをクリックして「元のカメラ設定」を選択することで、これらのカメラ設定に戻すことができます。

  • 外部(RMD ファイル):これは、.RMD の拡張子が付いた外部メタデータファイルです。このファイルは、「Final Cut Pro」、「REDCINE-X PRO」、または類似のアプリケーションによって作成されます。「Final Cut Pro」で RED RAW 設定を調整するときにすでに RMD ファイルが存在している場合、既存のファイルは変更が保存されたときに上書きされます。埋め込まれているカメラ設定はそのまま残ります。

  1. 適切なプラグインをインストールします。

    「Final Cut Pro」で R3D RAW ファイルを認識できるようにするには、適切なプラグインをダウンロードしてインストールする必要があります。詳しくは、http://www.red.com を参照してください。

  2. ブラウザまたはタイムラインで、調整したいクリップ(1 つまたは複数)を選択します。

    注記:複合クリップは調整できません。

  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。

    • ツールバーの「インスペクタ」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「インスペクタ」ボタン
  4. インスペクタの上部にある「情報」ボタンをクリックします。

    「情報」ボタン
  5. 「情報」インスペクタで、「RED RAW 設定を変更」ボタンをクリックします。

  6. 「RED RAW 設定」ウインドウで、設定を調整します。

    変更は非破壊で行われます。変更内容は、.RMD の拡張子が付いた外部のメタデータファイルに保存され、既存の RMD メタデータファイルは上書きされます。クリップに適用されるビデオエフェクトとは異なり、これらの調整は RMD メタデータファイルを通じてファイル自体に関連付けられます。これらの設定変更は、選択したクリップのすべてのコピーに適用されます。

    LUT を使用せずに HDR 用の Wide Gamut カラーを生成するには、「色空間」を「Rec. 2020」、「ガンマ」を「HDR-2084」に設定します。「Final Cut Pro」の Wide Gamut HDR 設定について詳しくは、Wide Gamut HDR 用にライブラリとプロジェクト設定を構成するを参照してください。

    注記:「Final Cut Pro」では、RED ROCKET カード(パフォーマンスが大幅に向上する PCI カード)をサポートしています。REDCODE RAW (R3D) ファイルおよび RED ROCKET カードについて詳しくは、http://www.red.com を参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?