Final Cut Pro X: カメラまたはデバイスが認識されない場合

カメラまたはデバイスが認識されない場合

カメラまたはデバイスをコンピュータに接続しても、「メディアの読み込み」ウインドウが開かない場合、または「Final Cut Pro」でデバイスを制御できない場合は、接続を確立するために以下のことを試してください。

機器とシステムを確認する

  1. 適切な装置構成を使用していることを確認する:

    • ビデオカメラやカメラが「Final Cut Pro」に対応している必要があります。対応しているデバイスのリストについては、Apple のサポート記事「Final Cut Pro X でサポートされているカメラ」を参照してください。

    • デバイスがコンピュータに正しく接続されている必要があります。

    • ビデオカメラが適切な出力モードに設定されている必要があります。一部のビデオカメラでは、これは VTR モードまたは VCR モードと呼ばれますが、すべてのビデオカメラで同じテクノロジーが使用されているわけではないため、デバイスに付属のマニュアルを確認してください。一部のビデオカメラでは、コンテンツが標準(DV)または高精細度(HDV)かに応じて、出力を DV モードまたは HDV モードに設定する必要があります。

    • テープベースのビデオカメラをコンピュータに接続する場合は、USB ケーブルではなく FireWire ケーブル(IEEE 1394 または i.LINK とも呼ばれます)を使用します。

      詳しくは、メモリカードとケーブルについてを参照してください。

    • スチルカメラやその他のフラッシュ・メモリ・デバイスからビデオクリップを読み込む場合は、ビデオのファイル形式が「Final Cut Pro」と互換性があることを確認します。詳しくは、サポートされているメディア形式を参照してください。

    • お使いのスチルカメラが「Final Cut Pro」でサポートされていない場合は、Mac のカードスロットまたは外付けのカードリーダーを使って、メディアをファイルとして読み込んでみてください。詳しくは、Mac またはストレージデバイスから読み込むを参照してください。

      詳しくは、Mac またはストレージデバイスから読み込むを参照してください。

    • 「ファストユーザスイッチ」を有効にしている場合は、ほかのユーザが同時に別のアカウントからビデオカメラを使おうとしていないことを確認してください。

  2. 以上の項目を確認してもメディアを読み込むことができない場合は、以下のことを試してください:

    • デバイスの電源を入れ直します。

    • デバイスと Mac の両方からケーブルを抜き、再度接続します。

    • 「Final Cut Pro」を終了して再度開きます。

    • Mac を再起動します。

    • 別のケーブルを使用してみます。

    • 「Final Cut Pro」がインストールされている別のコンピュータを使用してみます。

    • ファイルベースのビデオカメラを使用している場合は、Finder を使って、マウントされたボリュームをローカルディスクにコピーします。その後、「Final Cut Pro」で、アーカイブを開く場合と同じようにファイルを開きます。

注記:タイムラインまたはイベントに、赤いフレームと黄色い三角形の警告アイコンが表示される場合は、プロジェクトまたはイベントの一部が見つからないことを示します。詳しくは、警告アイコンを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?