Final Cut Pro X: デジタル・スチル・カメラから読み込む

デジタル・スチル・カメラから読み込む

デジタル・スチル・カメラからビデオや静止画像を読み込むことができます。以下の手順は、ビデオと静止画像を「Final Cut Pro」に直接読み込む方法を説明しています。写真を写真アプリケーションに読み込んで、「Final Cut Pro」の「写真とオーディオ」サイドバーからアクセスすることもできます。

お使いのカメラが「Final Cut Pro」に対応しているかどうかを確認するには、Apple のサポート記事「Final Cut Pro X でサポートされているカメラ」を参照してください。

  1. カメラに付属のケーブルを使ってカメラを Mac に接続し、カメラの電源を入れます。

    「メディアの読み込み」ウインドウの左側(「カメラ」セクションまたは「デバイス」セクション)にカメラが表示されない場合は、カメラのメモリカードを取り出し、Mac にカードスロットがある場合はそこに挿入するか、外付けのカードリーダーに挿入します。

  2. Finder で、カメラフォルダ内の「DCIM」フォルダを探し、静止画像またはビデオのファイルを見つけます。

    それらのファイルは「DCIM」フォルダにある場合や、1 つまたは 2 つ下のフォルダに入っている場合があります。デバイスとファイル構造は、機種と製造元によって異なります。

  3. 「Final Cut Pro」で、以下のいずれかの操作を行います:

読み込んだ後、オーディオファイルが別になっている場合があります。ビデオのオーディオトラックをそれらに置き換えて使用できます。そのために、ビデオクリップとオーディオクリップを自動的に同期させることができます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?