Final Cut Pro X: メディア読み込みの概要

メディア読み込みの概要

「Final Cut Pro」にメディアを読み込むことは、ムービーを作成するための最初の手順です。

「メディアの読み込み」ウインドウ。接続されたデバイス上のメディアが表示されている

「Final Cut Pro」では、以下の読み込みを実行できます:

メディアを読み込むと、そのメディアはイベントに割り当てられます。そのとき、メディアをトランスコードしたり、さまざまな問題(たとえば、カラーバランス、人物がいるかどうか、ショットタイプ、オーディオの問題などです)に関してメディアを解析したりすることもできます。

クリップ(ビデオ、オーディオ、または静止画像)を「Final Cut Pro」に読み込むと、「ビデオ」、「タイトル」、「ダイアログ」、「ミュージック」、および「エフェクト」という 5 つのデフォルトロールのいずれかが各クリップのビデオコンポーネントとオーディオコンポーネントに割り当てられます。自動的に割り当てられるロールを変更することもできます。詳しくは、ロールを表示する/割り当てを変更するおよび読み込み時に割り当てられるオーディオロールを設定するを参照してください。

メディアを(時間をかけて読み込むのではなく)すばやくバックアップしたい場合は、アーカイブを作成できます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?