Final Cut Pro X: Final Cut Pro とは?

Final Cut Pro とは?
ブラウザ、ビューア、およびタイムラインが表示されている Final Cut Pro ウインドウ

「Final Cut Pro X」は、最高品質のビデオを作成、編集、および制作するための画期的なアプリケーションです。高性能なデジタル編集機能と、ほとんどのビデオ形式のネイティブサポートに加え、時間の節約に役立つさまざまな使いやすい機能を備えているため、ユーザはストーリー作りに専念することができます。

「Final Cut Pro」では、以下のような操作ができます:

  • 標準精細度ビデオから、6K RED RAW ビデオを含むすべてのプロ仕様のカメラ形式まで、すべて編集することができます。

  • 解像度に関係なく、6K 解像度、さらにはそれ以上の解像度のメディアを再生/スキミングできます。フルスクリーンで、またはセカンドディスプレイにビデオを表示することもできます。

  • 「マグネティックタイムライン」でクリップを簡単に組み立てることができます。「マグネティックタイムライン」では、ドラッグしているクリップの周囲にあるクリップが滑らかに調整され、ギャップや衝突、同期の問題が解消されます。

  • クリック 1 つで、割り当てられたロールに基づいてタイムラインのオーディオレーンにクリップを配置できます。この表示では、クリップを視覚的に整理したり、編集負荷の軽減や編集効率の向上につながる参照ポイントを配置したりできます。

  • プロ用の編集およびトリミングツールを使ってすばやく編集できます。インラインの詳細編集で編集を微調整できます。

  • ビデオを自動的に解析し、カメラのぶれや余分なハムノイズ、ラウドネスなどの一般的な問題を非破壊的に解決できます。人物の存在やショットのタイプを検出し、「人物 1 人」や「ワイドショット」などのキーワードを自動的に割り当てることもできます。

  • キーワードに基づいてクリップを自動的にグループ化するキーワードコレクション、および指定された条件に基づいてクリップを自動的にグループ化するスマートコレクションを使ってメディアを整理できます。

  • オーディション(代替のテイク、エフェクト、またはテキスト処理のセット)を使ってプロジェクト内のクリップの編集を試すことで、編集に最適なクリップを選択できます。

  • 複合クリップを作成して、任意の組み合わせのクリップをグループ化したり、クリップをほかのクリップにネストしたりできます。

  • 接続されたクリップストーリーラインを使って、カットアウェイショットや、スーパーインポーズされたタイトル、サウンドエフェクトをプロジェクトに追加できます。接続されたクリップとストーリーラインは常に同期されています。

  • ビデオ、オーディオ、および写真に特殊エフェクトを追加し、キーフレームおよびオンスクリーンコントロールを使ってそれらを調整できます。クリップの速度を変更して高速または低速のモーションエフェクトを作成することもできます。

  • 自動的にカラーバランスを調整したり、色をマッチさせたり、色補正ツールを使ってプロジェクト内のクリップの外観を精密に制御したりできます。

  • プロジェクトを YouTube や Facebook などの Web サイトに直接公開したり、iPhone、iPad、Apple TV などの Apple デバイスと同期するために「iTunes」に送信したりできます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?