Final Cut Pro X: Final Cut Pro 10.0.3 の新機能

Final Cut Pro 10.0.3 の新機能

「Final Cut Pro 10.0.3」には、以下で詳しく説明する重要な新機能と機能強化が含まれています。

マルチカム編集

マルチカムクリップを使用して、マルチカメラ撮影の素材やその他の同期された素材を、リアルタイムで編集できるようになりました。「「Final Cut Pro」では、マルチカムクリップを柔軟に編集できます。アクティブアングルをビューアで再生しながら、アングルビューアですべてのアングルを同時に再生して表示したり、それらのアングルを簡単にカットしたり切り替えたりすることもできます。さまざまなメディアソースからマルチカムクリップを作成したり、編集操作の際に既存のマルチカムクリップを変更したりできます。

詳しくは、マルチカム編集の概要を参照してください。

A/V 出力

オーディオおよびビデオ(A/V)の出力先として、Mac を外部ビデオモニタに接続できるようになりました。この機能では、ビデオやオーディオが NTSC/PAL または HD ブロードキャストモニタでどのように見えて聞こえるかを確認することに加え、ベクトルスコープや波形モニタなどのより高度なデバイスで出力をテストできます。

A/V 出力は OS X Lion 10.7.2 以降のみで使用可能であり、互換性のある他社製のビデオインターフェイスのハードウェアとソフトウェアが必要です。FireWire DV デバイスはサポートされていません。詳しくは、デバイスの製造元に問い合わせるか、「Final Cut Pro X - 関連情報」の Web ページを参照してください。

詳しくは、外部モニタまたはディスプレイで再生するを参照してください。

クリップをメディアファイルに手動で再接続する

イベントクリップとプロジェクトクリップを、メディアファイルに手動で再接続できるようになりました。手動で再接続することで、ポストプロダクションのワークフローをより詳細に制御できます。

詳しくは、クリップをメディアファイルに再接続するを参照してください。

その他の注目すべき機能

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?