Final Cut Pro X: Final Cut Pro 10.0.6 の新機能

Final Cut Pro 10.0.6 の新機能

「Final Cut Pro 10.0.6」には、以下で詳しく説明する多くの新機能と機能強化が含まれています。

マルチチャンネルオーディオの詳細編集

「Final Cut Pro」では、オーディオチャンネルがクリップでのチャンネルの構成に従って自動的にオーディオコンポーネントにグループ化されます。クリップのオーディオ部分を展開して、オーディオコンポーネントを個別のチャンネルのレベルまで表示および編集できるようになりました。オーディオコンポーネントをさまざまな方法で編集できます。たとえば以下のことができます:

  • 音量とパンを調節する。

  • オーディオコンポーネント内の範囲を無効にするか、削除して、不要なサウンドをすばやく消去する。

  • オーディオエフェクトを適用する、調整する。

  • マルチカムクリップのオーディオコンポーネントを有効または無効にする。

詳しくは、オーディオ編集の概要を参照してください。

共有と書き出しの効率化

「Final Cut Pro 10.0.6」では、完成した作品をより簡単かつ柔軟に共有できます。出力先(あらかじめ構成された書き出し設定のセット)を使うと、プロジェクトやクリップを共有 Web サイトにすばやく公開したり、iPad や iPhone での視聴用に書き出したり、ディスクを作成したりできます。「Final Cut Pro」にはさまざまな出力先が用意されており、出力先を変更したり、新しい出力先を作成したりすることもできます。

よりシンプルで効率的になった共有ワークフローには、以下の改良点があります:

詳しくは、プロジェクトの共有の概要を参照してください。

読み込み機能の統合

簡単で使いやすくなった新しい「メディアの読み込み」ウインドウに読み込み機能が統合され、読み込みに必要なすべての操作を 1 個所で実行できるようになりました。「Final Cut Pro 10.0.6」では、接続されているカメラとデバイス(ファイルベースとテープベースの両方)専用の領域が用意されています。また、新しい「よく使う項目」セクションでは、Mac または外部ストレージデバイスからのファイル読み込みによく使うフォルダを追加できます。そのほか、メタデータが複数列で表示されるリスト表示、ファイルベースのカメラから読み込むときの個々のクリップ内での複数の範囲選択、高度なアーカイブ管理ツールなどの読み込み機能が追加されています。

詳しくは、メディア読み込みの概要を参照してください。

デュアルビューア

メインのビューアの隣に、独立したビデオディスプレイであるイベントビューアを表示できます。イベントビューアとビューアの両方を開いて、ブラウザのクリップとタイムラインのクリップを同時に表示できます。それぞれのビデオスコープが表示されます。

詳しくは、「イベントビューア」でメディアを再生する/スキミングするを参照してください。

REDCODE RAW (R3D) のネイティブサポート

「Final Cut Pro 10.0.6」では、REDCODE RAW (R3D) ファイルがネイティブサポートされます。RED ファイルを直接読み込み、「Final Cut Pro」内で非破壊の RAW 設定調整を行って、それらの調整をメタデータとして保存できます。これにより、REDCODE RAW ソースファイルに含まれるフルラチチュードおよびダイナミックレンジを最大限に活かすことができます。

詳しくは、REDCODE RAW ビデオファイルを読み込む/調整するを参照してください。

範囲選択の改善

ブラウザのクリップに設定した開始点と終了点が、ほかの場所をクリックしても解除されなくなりました。さらに、1 つまたは複数のクリップ内で複数の範囲選択ができます。

詳しくは、範囲を選択するおよびイベントのクリップで複数の範囲選択を管理するを参照してください。

その他の注目すべき機能

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?