Final Cut Pro X: 「コマンドエディタ」でキーボードショートカットを変更する

「コマンドエディタ」でキーボードショートカットを変更する

「コマンドエディタ」で、キーボードショートカットをすばやく簡単にカスタマイズできます。「Final Cut Pro」のデフォルトセットにカスタムコマンドをいくつか追加したい場合は、デフォルトセットを複製してから、キーボードショートカットが割り当てられていないコマンドにキーボードショートカットを割り当てることができます。自分用のコマンドのみが含まれる新しいセットを作成することもできます。

コマンドセットを複製する

  1. 「Final Cut Pro」>「コマンド」>「カスタマイズ」と選択します(または、Option + Command + K キーを押します)。

  2. 複製したいコマンドセットが表示されていない場合は、「コマンドエディタ」の左上隅にあるポップアップメニューをクリックして、別のコマンドセットを選択します。

  3. 「コマンドエディタ」の左上隅にあるポップアップメニューをクリックして、「複製」を選択します。

  4. 表示されるウインドウで、コマンドセットの名前を入力して、「OK」をクリックします。

    複製したセットが、「Final Cut Pro」メニューの「コマンド」サブメニューと、「コマンドエディタ」のポップアップメニューに追加されます。

コマンドセットを変更する

コマンドセットにキーボードショートカットを追加したり、キーボードショートカットの割り当てを変更したりできます。

  1. 「Final Cut Pro」>「コマンド」>「カスタマイズ」と選択します(または、Option + Command + K キーを押します)。

  2. 変更したいコマンドセットが表示されていない場合は、「コマンドエディタ」の左上隅にあるポップアップメニューをクリックして、別のコマンドセットを選択します。

  3. 以下のいずれかの操作を行って、新しいキーボードショートカットを割り当てたいコマンドを選択します:

    • 「コマンドエディタ」の右上隅にある検索フィールドにコマンド名を入力します。

    • コマンドリストをブラウズしてコマンドを見つけます。

  4. コマンドに使用したいキーの組み合わせ(たとえば Option + Shift + T など)を押します。

    注記:「コマンドエディタ」のキーボード上で斜線で網掛けされているキーは、システム用に予約されているため、割り当てることができません。

    そのキーの組み合わせがまだコマンドに割り当てられていない場合は、「コマンドエディタ」のキーボードがアップデートされ、新しいキーの割り当てが表示されます。新しく割り当てられたキーにはグレイのドットが表示され、色分けされたコマンドグループにコマンドが属している場合は色が適用されます。

    「Final Cut Pro」でそのキーの組み合わせがすでにコマンドに割り当てられている場合は、現在の設定が表示され、変更の確認を求められます。

  5. コマンドセットの変更を保存するには、「コマンドエディタ」の右下隅にある「保存」ボタンをクリックします。

    変更を保存せずに「コマンドエディタ」を閉じようとすると、変更を保存するように求められます。

コマンドセットを削除する

  1. 「Final Cut Pro」>「コマンド」>「カスタマイズ」と選択します(または、Option + Command + K キーを押します)。

  2. 削除したいコマンドセットが表示されていない場合は、「コマンドエディタ」の左上隅にあるポップアップメニューをクリックして、別のコマンドセットを選択します。

  3. 「コマンドエディタ」の左上隅にあるポップアップメニューをクリックして、「削除」を選択します。

  4. 表示されたウインドウで「削除」をクリックします。

    コマンドセットが取り除かれます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?