Final Cut Pro X: 「再生」環境設定

「再生」環境設定

「再生」環境設定は、「Final Cut Pro」の再生とレンダリングのパフォーマンスに影響します。

「環境設定」ウインドウの「再生」パネル

注記:元のメディアや最適化されたメディアとプロキシメディアの切り替えなどの、再生の品質とパフォーマンスの制御について詳しくは、再生品質およびパフォーマンスを制御するを参照してください。

レンダリング

  • バックグラウンドレンダリング:システムがアイドル状態のときの「Final Cut Pro」のレンダリング処理をオンにする場合は、このチェックボックスを選択します。

  • 開始までの時間 x 秒:バックグラウンドレンダリングを始めるまでの、システムのアイドル時間の長さを選択する場合は、この値スライダを使用します。

再生

  • マルチカムクリップ用に最適化されたメディアを作成:マルチカムクリップのビデオを自動的に Apple ProRes 422 コーデックトランスコードする場合は、このチェックボックスを選択します。このコーデックでは、編集時のパフォーマンスが向上し、レンダリング時間が短縮されます。

  • コマ落ちが発生する場合は、再生を停止して警告:「Final Cut Pro」での再生時にフレームがコマ落ちしているときに警告されるようにする場合は、このチェックボックスを選択します。

  • ディスクのパフォーマンスが原因でコマ落ちが発生する場合は、再生後に警告:「Final Cut Pro」でディスクのパフォーマンスが原因でフレームがコマ落ちしているときに警告されるようにする場合は、このチェックボックスを選択します。

  • VR ヘッドセットでコマ落ちが発生する場合は、再生後に警告:接続されている VR ヘッドセットのディスプレイでフレームがコマ落ちしているときに警告されるようにする場合は、このチェックボックスを選択します。

  • HDR を Raw 値として表示:HDR(ハイダイナミックレンジ)クリップまたは HDR プロジェクトのイメージの詳細が Mac のディスプレイ上のビューアに表示されるようにする場合は、このチェックボックスを選択します。

プリロール継続時間

  • プリロール継続時間:オーディションまで、または「折り返して再生」コマンド使用時のスキマーまたは再生ヘッドまでの再生時間の長さを設定する場合は、この値スライダを使用します。

ポストロール継続時間

  • ポストロール継続時間:オーディション以降、または「折り返して再生」コマンド使用時のスキマーまたは再生ヘッド以降の再生時間の長さを設定する場合は、この値スライダを使用します。

プレーヤー背景

  • プレーヤー背景:ビューアの背景を選択する場合は、このポップアップメニューを使用します。選択する色は、一部分か全体が透明なクリップ、つまりフレームいっぱいには収まっていないクリップの場合に表示されます。

A/V 出力

  • A/V 出力:A/V 出力には他社製のビデオインターフェイスのハードウェアとソフトウェアが必要です。また、A/V 出力は Mac OS v10.7.2 以降のみで使用できます。詳しくは、外部モニタまたはディスプレイで再生するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?