Final Cut Pro X: カメラアーカイブを作成する/管理する

カメラアーカイブを作成する/管理する

カメラやビデオカメラの内容からカメラアーカイブ(バックアップコピー)を作成できます。(iSight カメラで生成される信号のようなライブビデオ信号からは、アーカイブは作成できません。)

アーカイブのメディアを「Final Cut Pro」に読み込むこともできるため、デバイス上にメディアをアーカイブすると以下のような場合に便利です:

  • 「Final Cut Pro」への読み込みを待たずに、カメラやビデオカメラの中身をすばやく空にして別のメディアをすぐに記録する場合

  • アーカイブされたメディアを複数のコンピュータ上に読み込む場合(ビデオカメラに残す必要がない場合)

  • カメラのメディアの「ニアライン」アーカイブを保存し、それを参照できる場合(メディアを「Final Cut Pro」に読み込む必要がない場合)

カメラアーカイブのメディアを「Final Cut Pro」に読み込む方法については、アーカイブまたはディスクイメージ内のメディアにアクセスするを参照してください。

ファイルベースのカメラまたはビデオカメラ上のメディアをアーカイブする

  1. アーカイブを外部ストレージデバイスに保存したい場合は、デバイスを Mac に接続します。

  2. カメラに付属のケーブルを使ってカメラまたはビデオカメラを Mac に接続し、カメラの電源を入れます。

    デバイスを Mac に接続する方法について詳しくは、メモリカードとケーブルについてを参照してください。

    ビデオカメラを使用する場合は、PC 接続モードに設定します。(この転送モードの名前は、デバイスによって異なる場合があります。ビデオカメラを Mac に接続しているときに再生モードで電源を入れると、自動的に「接続」モードになる場合もあります。詳しくは、ビデオカメラのマニュアルを参照してください。

    注記:DVD ビデオカメラを Mac に接続すると、「DVD プレーヤー」アプリケーションが開くことがあります。その場合は、「DVD プレーヤー」を閉じてください。

  3. 「Final Cut Pro」で、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「読み込む」>「メディア」と選択します(または Command + I キーを押します)。

    • ツールバーの左側にある「メディアを読み込む」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「メディアを読み込む」ボタン
  4. 「メディアの読み込み」ウインドウの左側にあるカメラリストでデバイスを選択します。

    「メディアの読み込み」ウインドウ。接続されたデバイス上のメディアが表示されている
  5. ウインドウ左下隅の「アーカイブを作成」ボタンをクリックします。

  6. 「作成するカメラアーカイブの名前」フィールドに、アーカイブの名前を入力します。

  7. 「書き出し先」ポップアップメニューをクリックし、アーカイブの保存先を選択して、「OK」をクリックします。

    注記:アーカイブは、「Final Cut Pro」で使用するメディアファイルを保存するディスクまたはパーティションとは別の場所に保存することをお勧めします。

選択した場所にカメラアーカイブが保存されます。アーカイブは、ファイルベースのビデオカメラと同様にマウントして、その内容をブラウズできます。また、カメラアーカイブ上のメディアを「Final Cut Pro」に読み込むこともできます。

テープベースのカメラまたはビデオカメラ上のメディアをアーカイブする

  1. アーカイブを外部ストレージデバイスに保存したい場合は、デバイスを Mac に接続します。

  2. カメラに付属のケーブルを使ってカメラまたはビデオカメラを Mac に接続し、カメラの電源を入れます。

    デバイスを Mac に接続する方法について詳しくは、メモリカードとケーブルについてを参照してください。

    ビデオカメラを使用する場合は、PC 接続モードに設定します。(この転送モードの名前は、デバイスによって異なる場合があります。ビデオカメラを Mac に接続しているときに再生モードで電源を入れると、自動的に「接続」モードになる場合もあります。詳しくは、ビデオカメラのマニュアルを参照してください。

  3. 「Final Cut Pro」で、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「読み込む」>「メディア」と選択します(または Command + I キーを押します)。

    • ツールバーの左側にある「メディアを読み込む」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「メディアを読み込む」ボタン
  4. 「メディアの読み込み」ウインドウの左側にあるカメラリストでデバイスを選択します。

    「メディアの読み込み」ウインドウ。テープのタイムコード位置のフレームが表示されている
  5. ウインドウ左下隅の「アーカイブを作成」ボタンをクリックします。

  6. 「作成するカメラアーカイブの名前」フィールドに、アーカイブの名前を入力します。

  7. 「書き出し先」ポップアップメニューをクリックし、アーカイブの保存先を選択して、「OK」をクリックします。

    注記:メディアを保護するため、アーカイブは、「Final Cut Pro」で使用するメディアファイルの保存先ディスクまたはパーティションとは別の場所に保存することをお勧めします。

    テープの現在位置からアーカイブが開始されます。アーカイブは、以下のいずれかの状態になると終了します:

    • テープの最後に達した。

    • 「読み込みを停止」または「閉じる」(「メディアの読み込み」ウインドウを閉じる場合)をクリックしてアーカイブ処理を停止した。

選択した場所にカメラアーカイブが保存されます。アーカイブは、ファイルベースのビデオカメラと同様にマウントして、その内容をブラウズできます。また、カメラアーカイブ上のメディアを「Final Cut Pro」に読み込むこともできます。

カメラアーカイブを移動する/コピーする

  1. Finder で、移動またはコピーしたいカメラアーカイブを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • ローカルディスク上のカメラアーカイブを移動する:カメラアーカイブを新しい場所にドラッグします。

    • ローカルディスク上のカメラアーカイブをコピーする:Option キーを押したまま、カメラアーカイブをローカルディスク上の新しい場所にドラッグします。

    • カメラアーカイブを外部ストレージデバイスにコピーする:カメラアーカイブを外部ストレージデバイス上の場所にドラッグします。

カメラアーカイブを削除する

カメラアーカイブはほかのメディアファイルと比べるとかなり小さく、たいていは削除する必要がありません。ただし、カメラアーカイブはいつでも削除できます。

  1. Finder で、Control キーを押したままカメラアーカイブをクリックして、「ゴミ箱に入れる」を選択します。

  2. Control キーを押したまま「Dock」の「ゴミ箱」アイコンをクリックして、「ゴミ箱を空にする」を選択します。

    重要:「ゴミ箱」を空にすると、カメラアーカイブが完全に削除されます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?