Final Cut Pro X: メディア管理の概要

メディア管理の概要

「Final Cut Pro」には、メディアファイルを管理するための柔軟で強力なツールがあります。

「Final Cut Pro」をはじめて開くと、「ムービー」フォルダにライブラリファイルが自動的に作成されます。ライブラリファイルにメディアを読み込むことも、「Final Cut Pro」から別の場所にあるメディアファイルにアクセスすることもできます。Final Cut Pro ライブラリのデータベースは、編集内容、関連付けられたメタデータ、およびすべてのイベントプロジェクトクリップ(最適化されたメディアファイルまたはレンダリングされたメディアファイルも含まれます)を追跡します。ライブラリのデータベースはすべてのソース・メディア・ファイル(ビデオファイル、オーディオファイル、または静止画像ファイル)も追跡します。これらの保存先が「Final Cut Pro」のライブラリファイルであるか、その他の場所であるかは関係ありません。ライブラリが大きくなってきたら、必要に応じてクリップやイベント、プロジェクトを名称変更、コピー、移動、および削除できます。

「情報」インスペクタ。選択したクリップの情報が表示されている

複数のライブラリとイベントを使用して、ワークフローに合わせてメディアやプロジェクトを整理することができます。たとえば、イベントのコピーや移動は、「Final Cut Pro」がインストールされている別の Mac を使ってプロジェクトを操作したい場合や、ストレージの領域を解放したい場合に役立ちます。「統合」コマンドなどのその他のメディア管理ツールを使用すれば、バックアップや共有ストレージの管理ができます。

一般的なメディア管理の作業は以下の通りです:

一般に、カメラ、外部ストレージデバイス、またはその他のデバイスからのメディアの読み込みも、メディア管理の 1 つと考えられています。メディア読み込みの概要を参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?