Final Cut Pro X: カラーボードを使う

カラーボードを使う

「カラーボード」を使用すれば、クリップの色合いサチュレーション、および露出をきわめて精密に調整することができます。最初に「カラーボード」色補正エフェクトをクリップに追加してから、「カラー」インスペクタで設定を調整します。

「カラーボード」のコントロール

クリップに色補正を適用するときに客観的で正確な情報を得るには、ビデオスコープやその他のビデオ測定ツールを使用します(ビデオの測定の概要を参照してください)。色補正用のカスタム・ワークスペース・レイアウトを作成したり、定義済みの「カラーとエフェクト」レイアウトに切り替えたりすることもできます(ワークスペースレイアウトを変更するを参照してください)。

注記:1 つのクリップに複数の色補正エフェクトを適用できるため、以下の手順をすべて実行する必要はなく、順序を守る必要もありません。たとえば、「カラーカーブ」エフェクトで全体的なコントラストを調整し、「カラーホイール」エフェクトで色合いを調整することができます。また、同じエフェクトの複数のインスタンスを適用して同じ結果を得ることもできます。色補正エフェクトの概要については、色補正エフェクトの概要を参照してください。

  1.  タイムラインで、補正したいクリップを選択してから、そのクリップ内に再生ヘッドを移動してビューアにクリップを表示します。

  2. 「カラー」インスペクタを開きます。

    ヒント:特定の色補正エフェクトを頻繁に追加する場合は、それをデフォルトの色補正として設定することで作業時間を短縮できます。これにより、タイムラインのクリップを選択して Command + 6 キーを押すだけで、「カラー」インスペクタでエフェクトの調整を開始できるようになります。

  3. 「カラー」インスペクタの上部にあるポップアップメニューをクリックして、以下のいずれかを実行します:

    • 「カラーボード」エフェクトの新しいインスタンスを追加する:メニュー下部の「補正を追加」セクションから「カラーボード」を選択します。

      「カラー」インスペクタの上部にあるポップアップメニューの「補正を追加」セクションで「カラーボード」が選択されている

      その他の詳細および方法については、色補正を追加するを参照してください。

    • クリップに適用済みの「カラーボード」エフェクトを補正する:メニュー上部の「補正」セクションから、補正したい「カラーボード」エフェクトを選択します。

    「カラー」インスペクタに「カラーボード」のコントロールが表示されます。このエフェクトは、「ビデオ」インスペクタの「エフェクト」セクションにも表示されます。

    「ビデオ」インスペクタの「エフェクト」セクションに表示されている「カラーボード」エフェクト
  4. 「カラー」インスペクタの上部で、適用したい補正のボタンをクリックします:

    • カラー:色合いを調整します。

    • サチュレーション:クロマレベルを調整します。

    • 露出:ルミナンスレベルを調整します。

  5. コントロールをドラッグする(またはコントロールを選択して矢印キーを押す)か、値スライダに値を入力します。

    微調整するには、Option キーを押したままコントロールをドラッグします。

    クリップイメージ全体を調整することも、シャドウのみ、中間色調のみ、またはハイライトのみを調整することもできます。コントロールを上にドラッグすると、イメージに色が追加されるか、クロマレベルまたはルミナンスレベルが上がります。コントロールを下にドラッグすると、色が取り除かれるか、クロマレベルまたはルミナンスレベルが下がります。「カラー」パネルでコントロールを左右にドラッグして、加えたり減らしたりする色を選択することもできます。

    「カラーボード」の「マスター」、「シャドウ」、「中間色調」、「ハイライト」のコントロール

    パネルの値をリセットするには、右上隅にある「リセット」ボタン をクリックします。

ヒント:タイムライン内の次のクリップまたは前のクリップに色補正を適用したいときは、Command +右矢印キーまたは Command +左矢印キーを押すと、再生ヘッドを次のクリップまたは前のクリップに移動してそのクリップを選択できます。これらのショートカットでは同じロールのクリップのみが選択されるため、色補正に適していないクリップ(ミュージックやタイトルなど)をスキップしてビデオクリップ間をすばやく移動できます。

色補正を適用した後、それを別のクリップまたはクリップのグループにコピーできます。詳しくは、クリップ間でエフェクトとパラメータをコピーするを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?