Final Cut Pro X: 色補正エフェクトの概要

色補正エフェクトの概要

「Final Cut Pro」には、さまざまな色補正や補正エフェクトのために使用できる、強力な手動色補正ツールが用意されています。ツールを使用するには、色補正エフェクトを適用してから、「カラー」インスペクタでエフェクトのコントロールを調整します。

以下のいずれかの色補正エフェクトを使って、クリップイメージ全体の色合い、色のサチュレーション、および露出の調整を手動で行うことができます。

カラーボード

独自の「カラーボード」には、サチュレーション、露出、および色の調整用のコントロールがあります。

カラーボードを使うを参照してください。

「カラー」インスペクタ。「カラーボード」の「カラー」パネルにコントロールが表示されている

カラーホイール

4 つのカラーホイール(「マスター」、「シャドウ」、「中間色調」、「ハイライト」)を使って、ビデオクリップ内の色を調整できます。カラーホイールの両側にあるスライダを使って、クリップのブライトネスとサチュレーションのレベルを調整することもできます。

カラーホイールを使うを参照してください。

「カラー」インスペクタのカラーホイール

カラーカーブ

カラーカーブを使って、イメージ内の各カラーチャンネルとルミナンスチャンネルの成分を調整できます。

カラーカーブを使うを参照してください。

「カラー」インスペクタのカラーカーブ

ヒュー/サチュレーションカーブ

6 つのヒュー/サチュレーションカーブで、プロジェクトの色補正をきわめて精密に制御できます。

ヒュー/サチュレーションカーブを使うを参照してください。

「カラー」インスペクタのヒュー/サチュレーションカーブ
公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?