Final Cut Pro X: カラーバランス用にクリップを解析する

カラーバランス用にクリップを解析する

「Final Cut Pro」でクリップのカラーバランスを自動的に補正する場合、クリップの 1 つのフレームを参照フレームとして使用し、それに対する補正を計算してから、クリップ全体に適用します。「Final Cut Pro」では、カラーバランス用にクリップを解析することで、代表的なフレームをクリップのカラーバランス参照フレームとして選択できます。(クリップ内に再生ヘッドを移動して、参照フレームを手動で選択することもできます。)

クリップを読み込むときに、カメラから読み込むか、ファイルを読み込むか、Finder ウインドウからタイムラインにクリップを直接ドラッグするかにかかわらず、そのカラーバランスを自動的に解析できます。また、ブラウザでいつでもクリップのカラーバランスを解析できます。

カラーバランスのためにクリップを解析する処理には、短いクリップで数秒、長いクリップでは 1 分以上かかることがあります。人物やスタビライズに関する解析も行う場合は、さらに時間がかかります。

ブラウザまたはタイムラインでのカラーバランス補正のオン/オフ切り替えについて詳しくは、クリップのカラーバランスを補正するを参照してください。

ファイルの読み込み時にカラーバランスを解析する

  1. 「ファイル」>「読み込む」>「メディア」と選択します(または Command + I キーを押します)。

  2. 「メディアの読み込み」ウインドウで、読み込むファイルを選択し、右側の「解析と修復」セクションで「ビデオのバランスカラーを解析」を選択します。

  3. 「読み込む」ボタンをクリックします。

ファイルが読み込まれ、カラーバランスの問題に関して解析されます。

Finder からタイムラインにドラッグしたクリップのカラーバランスを解析する

  1. 「Final Cut Pro」>「環境設定」と選択します(または、Command キーを押したままカンマ(,)キーを押します)。

  2. 「Final Cut Pro」環境設定ウインドウで、「読み込み」ボタンをクリックし、「解析と修復」セクションで「ビデオのバランスカラーを解析」を選択します。

これで、Finder からタイムラインに直接ドラッグしたすべてのクリップが解析されます。

注記:「環境設定」ウインドウでこの設定を変更すると、「ビデオのバランスカラーを解析」オプションのあるほかのすべてのウインドウでも設定が変更されます。

ブラウザでクリップのカラーバランスを解析する

ブラウザでクリップのカラーバランスを解析するときは、読み込み時に解析されたクリップはスキップされます。

  1. ブラウザで、1 つまたは複数のクリップを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「変更」>「解析と修復」と選択します。

    • Control キーを押したまま、選択したクリップのいずれかをクリックし、「解析と修復」を選びます。

  3. 表示されたウインドウで、「ビデオ」セクションの「バランスカラーを解析」を選択し、「OK」をクリックします。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?