Final Cut Pro X: カラーバランスとマッチカラーの概要

カラーバランスとマッチカラーの概要

「Final Cut Pro」は、ビデオクリップの外観をすばやく簡単に改善するために使用できる便利なカラーバランス補正機能をいくつか備えています。

カラーバランスの自動調整

「Final Cut Pro」では、カラーバランスを自動調整することで、イメージのルミナンスチャンネルの最も暗い領域と最も明るい領域がサンプリングされ、イメージ内のシャドウとハイライトが調整されて、色かぶりが中間色に補正されます。また、「Final Cut Pro」では、コントラストを最大化してルミナンス範囲ができるだけ広くなるように、イメージが調整されます。

参照フレームとして使用されるビデオフレームは、再生ヘッドの位置、およびクリップのカラーバランスがすでに解析されているかどうかによって決まります。詳しくは、クリップのカラーバランスを補正するおよびカラーバランス用にクリップを解析するを参照してください。

ホワイトバランスの手動調整

純粋な白にする必要があるイメージ内の部分をサンプリングすることで、クリップのカラーバランスを設定できます。詳しくは、クリップのホワイトバランスを手動で調整するを参照してください。

マッチカラー

複数のクリップを確実に同じ外観にできます。詳しくは、クリップ間で色をマッチさせるを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?