Final Cut Pro X: 合成設定を使用する

合成設定を使用する

合成設定には、2 つのイメージを結合するためのさまざまなオプションが用意されています。2 つのイメージを均等に結合するだけの単純な調整を行ったり、ビデオの内容を使用してイメージをどのように結合するかを決定する設定を選択したりできます。

「不透明度」調整を使用する

  1. タイムライン基本ストーリーライン上で、クリップを追加したい位置に再生ヘッドを置きます。

  2. 追加するクリップをブラウザで選択し、「編集」>「基本ストーリーラインに接続」と選択します(または Q キーを押します)。

  3. 合成されたクリップをビューアに表示するには、追加されたクリップ内に再生ヘッドを置きます。

    デフォルトでは、基本ストーリーライン内のクリップが新しいクリップによって完全に隠されます。

  4. 新しいクリップを半透明にするには、タイムラインでクリップを選択し、「ビデオ」インスペクタの「合成」セクションで「不透明度」コントロールを調整します。

「不透明度」設定を 0 %に近付けるほど、基本ストーリーライン上のクリップの透明度が高くなります。また、「ビデオアニメーション」エディタの「不透明度」フェードハンドルを使って、合成クリップのディゾルブのオン/オフを切り替えたり、キーフレームを追加して特定の場所で不透明度値を変更したりすることもできます。

ブレンドモードを選択する

  1. タイムライン基本ストーリーライン上で、クリップを追加したい位置に再生ヘッドを置きます。

  2. 追加するクリップをブラウザで選択し、「編集」>「基本ストーリーラインに接続」と選択します(または Q キーを押します)。

  3. 合成されたクリップをビューアに表示するには、追加されたクリップ内に再生ヘッドを置きます。

    デフォルトでは、基本ストーリーライン内のクリップが新しいクリップによって完全に隠されます。

  4. 「ビデオ」インスペクタの「合成」セクションにある「ブレンドモード」ポップアップメニューをクリックしてオプションを選択します。

    多数のブレンドモード設定から選択できます。どの設定を使用したらいいかは、ビデオの内容とどのような外観にしたいかによって異なります。また、「不透明度」コントロールを使って、ブレンドモード設定をより詳細に調整することもできます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?