Final Cut Pro X: アルファチャンネルを使用する

アルファチャンネルを使用する

アルファチャンネルを使用することで、1 つのイメージを別のイメージに簡単に合成できます。「Final Cut Pro」と連携する Apple アプリケーション「Motion」などのアプリケーションを使って、アルファチャンネルを持つ静止画やビデオクリップを作成できます。アルファチャンネルにはキーヤーが内蔵されていると見なすことができます。キーエフェクトを使用するときに作成するマスクは、アルファチャンネル付きのクリップを使って合成するときと同じ方法で使用されます。

次の例は、アルファチャンネル付きのクリップで、そのアルファチャンネルを埋めているイメージが表示されています。

ビューアに、アルファチャンネル・フィル・イメージ(1 列のアイコン)が表示されている

以下の図はアルファ・チャンネル・イメージです。白の領域には、背景に合成されるビデオ領域を定義します。グレイの領域には、イメージの半透明な部分を定義します。

ビューアに、アルファチャンネル・マット・イメージが表示されている

最終的には、背景クリップにこのように合成されます。

ビューアに、背景クリップに合成されたアルファ・チャンネル・クリップが表示されており、ビデオの背景に 1 列のアイコンがスーパーインポーズされている

アルファチャンネル付きのクリップを使用する

  1. タイムラインで、アルファ・チャンネル・クリップを追加したい位置に再生ヘッドを置きます。

  2. アルファチャンネル付きのクリップをブラウザで選択し、「編集」>「基本ストーリーラインに接続」と選択します(または Q キーを押します)。

  3. 合成されたクリップを見るには、基本ストーリーライン上に追加されたクリップ内に再生ヘッドを置きます。

    タイムラインに、基本ストーリーラインの背景クリップに接続されたアルファイメージの前景クリップが表示されている

クリップが基本ストーリーライン・ビデオ・クリップに合成されます。アルファチャンネルがクリップの不透明度を制御します。

「不透明度」調整のフェードハンドルを使って、前景クリップのディゾルブのオン/オフを切り替えることもできます。詳しくは、合成設定を使用するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?