Final Cut Pro X: 合成の概要

合成の概要

2 つのクリップを結合して、両方を少しずつ含むイメージを作成したい場合があります。合成とは、2 つ以上のビデオクリップの一部を結合して 1 つのイメージにすることです。

ビューアに、背景クリップに合成されたアルファ・チャンネル・クリップが表示されており、ビデオの背景に 1 列のアイコンがスーパーインポーズされている

「Final Cut Pro」には、ビデオイメージを結合するためにいくつかの方法が用意されています:

  • トランジション:2 つのクリップを結合したものがトランジション中に同時に表示されます。詳しくは、トランジションの作成方法を参照してください。

  • キーイング:すべてのキーイングで、前景イメージが背景イメージに合成されます。詳しくは、キーイングの概要を参照してください。

  • アルファチャンネル:ここに、クリップ内で背景クリップに合成する領域を正確に定義します。キー設定は不要で、通常は自動的に機能します。アルファチャンネルは、エフェクト(「変形」や「歪み」など)、ジェネレータ(「シェイプ」や「タイムコード」など)、およびタイトルで広く使用されています。

  • 合成:タイムライン内のすべてのビデオクリップには、「合成」設定が用意されています。これらの設定を使用すると、キーイングエフェクトなしでクリップを結合できます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?