Final Cut Pro X: キーをファイナライズする

キーをファイナライズする

前景イメージ内のオブジェクトに合成した出力に表示したくないものが含まれていることがよくあります。たとえば、マイクブーム、ライトスタンド、クロマキーバックドロップのエッジなどです。また、背景オブジェクトに合わせて前景オブジェクトのサイズまたは位置を変更しなければならない場合もあります。最後の手段として、カラーコレクタを使って背景の外観に合わせて前景を調整することができます。

「Final Cut Pro」には、これらの目的に使用できるエフェクトが用意されています。

マスクエフェクトを使って、前景イメージから不要な部分を削除する

  1. タイムラインで、キーイングを開始したい背景クリップ(クロマ・キー・クリップをスーパーインポーズしたいクリップ)内の場所に再生ヘッドを移動します。

  2. ブラウザで、前景クリップ(クロマ・キー・クリップ)からキーイングして背景に合成したい部分を選択し、「編集」>「基本ストーリーラインに接続」と選択します(または Q キーを押します)。

    タイムラインに、クロマ・キー・クリップに接続された背景クリップが表示されている

    この方法でのクリップの接続について詳しくは、クリップを接続してカットアウェイショット、タイトル、同期されたサウンドエフェクトを追加するを参照してください。

  3. 前景クリップを選択します。

    ビューアに、緑を背景にして立つ女性のイメージを含むクロマキー前景ビデオが表示されている

    上の例では、ライトスタンドを取り除く必要があります。

  4. タイムラインの右上隅にある「エフェクト」ボタンをクリックします(または Command + 5 キーを押します)。

    タイムラインの上にある「エフェクト」ボタン
  5. 「エフェクト」ブラウザで、マスクエフェクトをダブルクリックして、選択されている前景クリップに適用します。

    ヒント:さまざまなマスクエフェクトをすばやく見つけるには、「エフェクト」ブラウザの検索フィールドに「マスク」と入力します。詳しくは、マスクの概要を参照してください。

    ビューアに、クロマキー前景クリップに適用されたマスクエフェクトが表示されている
  6. マスクのエッジを調整して、取り除きたいオブジェクトをクロップします。

    ビューアに調整済みのマスクが表示されている

    マスクを調整するときは、後でキーがよりリアルに見えるように、シャドウなどの詳細を残すようにしてください。

  7. 前景クリップに適切なキーヤーエフェクトを適用します。

    前景が背景に合成されます。

    ビューアに、背景に合成された前景クリップの被写体が表示されている

「変形」を使って前景イメージを配置する

「変形」エフェクトを使って、キーイングされた前景イメージの位置を変更できます。

ビューアに、背景に合成された前景クリップの被写体が表示されている
  1. タイムラインで前景クリップを選択します。

  2. ビューアの左下隅にあるポップアップメニューをクリックしてから「変形」を選択し、イメージを目的の位置に移動します。

    イメージのサイズを変更することもできます。

    ビューアに、サイズが変更され、左に移動された前景クリップの被写体が表示されている
  3. 前景イメージの移動が終わったら、ビューアの「完了」をクリックします。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?