Final Cut Pro X: カメラ名とマルチカムアングルを割り当てる

カメラ名とマルチカムアングルを割り当てる

「カメラアングル」情報と「カメラ名」情報は、マルチカムプロジェクトのワークフローを効率化するために便利なメタデータ・タグです。

メタデータはいつでもクリップに割り当てることができますが、マルチカムクリップを作成するときは、作成前に「カメラアングル」タグと「カメラ名」タグをクリップに割り当てることをお勧めします。「カメラアングル」タグを使うと、どのクリップがどのアングルのものであるかを簡単に見分けることができます。「カメラ名」タグは、読み込み時に割り当てることもでき、色補正など、さまざまな場面で役立ちます。

「Final Cut Pro」では、自動でも手動でもマルチカムクリップを作成できます。マルチカムクリップのアングルを自動で作成する場合は、選択したクリップのメタデータが次の順序で確認されます:

  • 「カメラアングル」メタデータ

  • 「カメラ名」メタデータ

  • 「カメラ ID」メタデータ

    注記:「カメラ ID」タグは、最近のほとんどのビデオカメラおよび記録装置(iOS デバイスを含む)で記録されます。「ファイルベースのデバイスからメディアを読み込むときは、「カメラ ID」メタデータが自動的に読み込まれます。

「カメラアングル」、「カメラ名」、および「カメラ ID」メタデータに基づいてクリップが適切なアングルにまとめられます。いずれのメタデータも見つからない場合は、選択したクリップごとに個別のアングルが作成されます。

以下のいずれかの操作を行います:

注記:アングルを自動で作成する場合は、選択したクリップの「カメラアングル」タグがマルチカムクリップでアングル名として使われます。「カメラアングル」タグがない場合は、「カメラ名」、「名前」(クリップ名)、または「カメラ ID」メタデータがアングル名として使われます。アングル名はアングルエディタで変更できます。詳しくは、アングルエディタでアングルとクリップを同期する/調整するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?