Final Cut Pro X: オーディオレーンを使ってタイムラインを整理する

オーディオレーンを使ってタイムラインを整理する

数クリックでオーディオクリップをロール割り当てに基づいてタイムラインのオーディオレーンに配置できます。オーディオレーンはタイムライン内に個別のレイヤーとして表示されます。この表示では、オーディオクリップを視覚的に整理したり、編集負荷の軽減や編集効率の向上につながる参照ポイントを配置したりできます。

この方法でタイムラインを整理しても、プロジェクトの内容やビューアでの再生方法は変わりません。編集しやすいようにタイムラインの表示が変わるだけです。

タイムラインインデックスのロールパネル(左)とデフォルト表示のタイムライン(右)

注記:タイムラインでオーディオロールを個別のレーンで表示した場合、オーディオとビデオの両方を含むクリップは展開されて、オーディオとビデオが別々に表示されます。

  1. タイムラインインデックスの「ロール」パネルを開くには、以下のいずれかの操作を行います:

    • タイムラインの左上隅にある「インデックス」ボタンをクリックして(または Shift + Command + 2 キーを押して)、タイムラインインデックスの上部にある「ロール」をクリックします。

    • 「表示」>「タイムラインインデックス」>「ロール」と選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 特定のオーディオロールを個別のレーンで表示する:「ロール」パネルで、ロールの右側にある「オーディオレーン」ボタン をクリックします。

      該当するロールが割り当てられたオーディオクリップがタイムラインで個別のレーンに表示されます。レーンの左側には、ロールを示すテキストラベルが表示されます。

      タイムラインインデックスで「ダイアログ」ロールが強調表示されて「オーディオレーン」ボタンが表示され、タイムラインに「ダイアログ」ロールのクリップのオーディオレーンが表示されている

      個別のレーンで表示したい各ロールについてこの手順を繰り返します。

    • すべてのオーディオロールを個別のレーンで表示する:タイムラインインデックスの下部にある「オーディオレーンを表示」をクリックします。

      タイムラインにロールごとに個別のレーンが表示され、各レーンにそのロールが割り当てられたオーディオクリップが表示されます。各オーディオレーンの左側には、ロールを示すテキストラベルが表示されます。

      タイムラインインデックスで「オーディオレーンを表示」ボタンがクリックされた後、タイムラインにすべてのレーンが表示されている

    タイムライン内のレーンはタイムラインインデックスで定義された順に表示されます。詳しくは、タイムライン内でオーディオロールおよびサブロールを並べ替えるを参照してください。

現在のタイムラインの構成を追跡しやすくするため、ロールの設定をデフォルトの状態から変更すると、タイムラインの左上隅の「インデックス」ボタンにひし形の変更インジケータが表示されます。これらのロールの変更には、ロールおよびサブロールを個別のオーディオレーンに表示したり、特定のロール上でタイムラインをフォーカスしたり、ロールまたはサブロールをオフにしたりすることによる変更が含まれます。

タイムラインインデックスの上部。「インデックス」ボタンにひし形の変更インジケータが表示されている

注記:また、クリップの外観と高さを変更してタイムラインでのクリップの表示をカスタマイズしたり、クリップを名前順またはロール順のどちらで表示するかを選択したりもできます。詳しくは、「タイムライン」のクリップのアピアランスと高さを調整するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?