Final Cut Pro X: ロールを表示する/割り当てを変更する

ロールを表示する/割り当てを変更する

クリップ(ビデオ、オーディオ、または静止画像)を「Final Cut Pro」に読み込むと、既存のクリップメタデータが解析され、各クリップにロールが自動的に割り当てられます。厳密には、各クリップの各ビデオコンポーネントおよびオーディオコンポーネントにサブロールが割り当てられます。

デフォルトで割り当てられるロールとサブロールはさまざまな方法で表示および変更できます。オーディオレーンを使ったタイムラインの整理機能ロールを使ったメディアステムの書き出し機能を使用する際には、適切なロールを割り当てることが重要です。

注記:カスタムのロールおよびサブロールを作成して割り当てることもできます。詳しくは、カスタムロールおよびサブロールを作成するを参照してください。

「オーディオ」インスペクタを使用する(オーディオロールのみ)

  1. ブラウザまたはタイムラインで、オーディオ付きのクリップを選択します。

  2. インスペクタがまだ表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。

    • ツールバーの右側にある「インスペクタ」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「インスペクタ」ボタン
  3. インスペクタの上部にある「オーディオ」ボタンをクリックします。

    「オーディオ」ボタン

    ヒント:「オーディオ」インスペクタの上部のバーをダブルクリックすると、ハーフハイト表示とフルハイト表示が切り替わります。

  4. 下にスクロールして「オーディオ構成」セクションを表示します。

    注記:「オーディオ構成」セクションの上端をドラッグすると、すべての内容を表示できます。

  5. オーディオコンポーネントのロールの割り当てを変更するには、「ロール」ポップアップメニューをクリックして別のサブロールを選択します。

    オーディオコンポーネントの「ロール」ポップアップメニュー

オーディオコンポーネントについて詳しくは、オーディオチャンネルとオーディオコンポーネントについてを参照してください。

ショートカットメニューを使用する

  1. ブラウザまたはタイムラインで、1 つまたは複数のクリップを選択します。

  2. Control キーを押したまま選択項目をクリックし、「オーディオロールを割り当てる」または「ビデオロールを割り当てる」を選択して、サブメニューからサブロールを選択します。

    選択したサブロールの横にチェックマークが表示されます。

「変更」メニューを使用する

  1. ブラウザまたはタイムラインで、1 つまたは複数のクリップを選択します。

  2. 「変更」>「オーディオロールを割り当てる」または「変更」>「ビデオロールを割り当てる」と選択して、サブメニューからサブロールを選択します。

    選択したサブロールの横にチェックマークが表示されます。

ブラウザを使用する

  1. ブラウザのリスト表示で、1 つまたは複数のクリップを選択します。

  2. 「ロール」列で、クリップに割り当てられているサブロールをクリックして、使用可能なサブロールのメニューを開きます。

    リスト表示のブラウザの「ロール」列と使用可能なサブロールのメニュー

    ブラウザに「ロール」列が表示されていない場合は、Control キーを押したまま列見出しをクリックして、「ロール」を選択します。

  3. 選択項目のロールの割り当てを変更するには、メニューから別のサブロールを選択します。

「情報」インスペクタを使用する

  1. ブラウザまたはタイムラインで、1 つまたは複数のクリップを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。

    • ツールバーの右側にある「インスペクタ」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「インスペクタ」ボタン
  3. インスペクタの上部にある「情報」ボタンをクリックします。

    「情報」ボタン
  4. 「情報」インスペクタで、「ビデオロール」または「オーディオロール」ポップアップメニューをクリックして、使用可能なサブロールを表示します。

    「情報」インスペクタの「オーディオロール」ポップアップメニューのオプション
  5. 選択項目のロールの割り当てを変更するには、「ビデオロール」または「オーディオロール」ポップアップメニューから別のサブロールを選択します。

タイムラインインデックスを使用する

  1. タイムラインインデックスを開くには、タイムラインの左上隅にある「インデックス」をクリックします(または Shift + Command + 2 キーを押します)。

  2. タイムラインインデックスの上部にある「クリップ」ボタンをクリックして、「クリップ」パネルを開きます。

  3. 「クリップ」パネルにロール列が表示されていない場合は、Control キーを押したまま列見出しをクリックして、「ビデオロール」または「オーディオロール」を選択します。

    タイムラインインデックスの列の表示をカスタマイズするためのメニュー
  4. 「クリップ」パネルで 1 つまたは複数のクリップを選択します。

  5. 選択項目のロールの割り当てを変更するには、割り当てられているサブロールをクリックして、別のサブロールを選択します。

    タイムラインインデックスの「クリップ」パネルの「オーディオロール」列と使用可能なサブロールのメニュー

注記:タイムラインにオーディオレーンが表示されているときにクリップのロールの割り当てを変更すると、タイムライン内でクリップが上下の新しいオーディオレーンに移動することがあります。詳しくは、オーディオレーンを使ってタイムラインを整理するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?