Final Cut Pro X: 静止セグメントを作成する

静止セグメントを作成する

「Final Cut Pro」では、特定のフレームを静止して静止画像を作成することで、画面上のアクションを一時的に停止することができます。これは静止セグメントと呼ばれます。デフォルトではスキマーまたは再生ヘッドの位置に 2 秒間の静止画フレームが追加されますが、この継続時間は変更できます。

また、「Final Cut Pro」で別のフリーズ・フレーム・クリップを作成することもできます。フリーズフレームと静止セグメントの重要な違いの 1 つは、静止セグメントは元のクリップの一部のままであり、クリップ内で継続時間を調整できることです。一方、フリーズフレームクリップはすばやく簡単に作成でき、プロジェクト内での移動も簡単です。詳しくは、フリーズフレームを作成するを参照してください。

重要:静止セグメントをクリップに追加すると、継続時間が長くなります。

  1. タイムラインで、以下のいずれかの操作を行います:

    • 静止したいフレームのあるクリップをクリックして、スキマーまたは再生ヘッドをそのフレームに移動します。

    • タイムラインでクリップ内の範囲を選択します。

  2. ビューアの下にある「リタイミング」ポップアップメニューをクリックして「静止」を選択します(または Shift + H キーを押します)。

    ビューアの下の「リタイミング」ポップアップメニュー

    クリップが選択されている場合は、クリップのスキマーまたは再生ヘッドの位置に 2 秒間の静止セグメントが追加されます。

    範囲が選択されている場合は、範囲の継続時間だけ静止セグメントが作成されます。静止画フレームとして使用されるフレームは、範囲内の最初(左端)のフレームです。

  3. 静止セグメントの継続時間を調整したい場合は、そのセグメントのリタイミングハンドルをドラッグします。

    右にドラッグすると継続時間が長くなり、左にドラッグすると短くなります。

    タイムラインで静止セグメントのリタイミングハンドルをドラッグして継続時間を調整中
  4. 静止セグメントのエフェクトを見るには、タイムラインでそのクリップを再生します。

注記:プロジェクト内のビデオフレームまたはブラウザ内のクリップから静止画像ファイルを作成することもできます。たとえば、プロジェクト内の特定の瞬間を JPEG イメージとして保存してメールで送ることができます。詳しくは、静止画像を書き出すを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?