Final Cut Pro X: クリップのリタイミングの概要

クリップのリタイミングの概要

クリップの速度設定を調整することで、ファストモーションまたはスローモーションのエフェクトを作成できます。クリップを逆再生させたり、クリップの一部を巻き戻したり、選択したクリップに可変速度のエフェクト(速度ランプとも呼ばれます)を適用したり、インスタントリプレイやジャンプカットを作成したりすることもできます。デフォルトでは、速度調整を行ってもオーディオピッチは変わりませんが、この機能をオフにして速度エフェクトを強調することもできます。

3 つの速度セグメントと 1 つの速度トランジションが表示されたタイムライン

「Final Cut Pro」では、静止画像、ジェネレータ、タイトル、およびテーマに速度変更を適用することはできません。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?